G Tips

Google ドライブに写真を保存する方法

  • Release
  • Update

写真や資料などのデータを保存することができるGoogleドライブは、データを保存するだけでなく共有することもできとても便利です。

今回ここでは、iPhoneやパソコンに保存された写真をGoogleドライブに保存する方法についてをご説明したいと思います。

Google ドライブに写真を保存する方法

写真をGoogleドライブで保存すれば、データを共有することもできますし、iPhoneやパソコンの写真を間違って削除してしまったときにとても助かります。

また、iPhoneの保存する容量がいっぱいになって写真を撮ることができなくなったことはありませんか?

Googleドライブに写真を保存すれば、その分iPhoneの写真を削除することができ容量を軽くすることができます。

iPhoneから写真を保存する

iPhoneでGoogleドライブに写真を保存する方法をご紹介します。

作業時間:2分

iPhoneでアプリを開く
iPhoneでアプリを開く

iPhoneでGoogleドライブアプリを開きます。

追加アイコンをタップ
追加アイコンをタップ

「+」ボタンをタップします。

アップロードを選択
アップロードを選択

作成できる項目が出てくるので、アップロードを選択します。

写真と動画を選択
写真と動画を選択

写真と動画を選択します。

アルバムを選ぶ
アルバムを選ぶ

保存したい画像が入っているアルバムを選択します。

写真を選ぶ
写真を選ぶ

保存したい画像を選択します。

アップロードする
アップロードする

アップロードをタップします。

アップロードの完了
アップロードの完了

アップロードが完了し画像が保存されます。

パソコンから写真を保存する

パソコンからGoogleドライブに写真を保存する方法をご説明します。

新規ボタンをクリック

パソコンでGoogleドライブを開き、左上にある「+新規」ボタンをクリックします。

ファイルのアップロード

「ファイルのアップロード」もしくは「フォルダのアップロード」を選択します。

保存する写真を選択

「開く」ダイアログボックスが表示されました。①保存する写真を選択し、②「開く」ボタンをクリックします。

アップロードの完了

アップロードが完了し、画像が保存されます。

保存ができない場合

Googleドライブに写真が保存できない場合に考えられる主な原因には以下のようなことが考えられます。

Googleドライブに空き容量がない

Googleドライブを開くと、左下に保存容量が表示されています。

空き容量

容量を確認し、保存できるように空き容量を増やしましょう。

保存したい写真の容量が大きすぎる

Googleドライブでは、ファイルサイズ5TBまで対応していますが、1GBを超える大きなデータのやり取りは、エラーが起きたり、残り容量が足りなくなったりしやすいです。

このような場合は、データを圧縮、分割し保存しましょう。

保存したいデータの形式が対応していない

Googleドライブでは、.JPEG、.PNG、.GIF、.BMP、.TIFF、.SVGの画像ファイルに対応しています。対応している形式にデータを変更しましょう。

インターネットに接続されていない

インターネットに接続されているかを確認しましょう。

インターネットアクセス

インターネットに接続されているかは、Windowsの場合、タスクバー上にある「インターネットアクセス」で確認できます。

無線LANであればルーターとの接続が問題ないか確認しましょう。

Googleドライブの不具合

少し時間を置くか、いったんログアウトしてみましょう。ログアウトの方法を下記でご紹介します。

アイコンをクリック

Googleドライブの右上のアイコンをクリックします。

ログアウト

「ログアウト」をクリックするとログアウトできるので、再度ログインしてみましょう。

[Google ドライブ 保存]の関連記事

Page Top