G Tips

iPhoneでのグーグル アースの使い方

  • Release

iPhoneでもグーグル アースは利用可能ということを皆さんはご存じでしたか?

モバイルアプリがあると、ふとした瞬間にすぐに調べ物ができるので、グーグル アースをよく利用されるには非常に嬉しいことだと思います。

今回こちらの記事では、そんなiPhoneでのグーグル アースの細かな使い方から、VRに対応しているかなどニッチな情報も含めてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

iPhone版のGoogle Earthアプリをインストールする

グーグル アースのアプリは、他のiPhone向けに提供されているアプリと同様、「App Store」から無料でダウンロードできます。

手順も同様ですので、スマホやiPhoneにあまり詳しくないという方でも、安心してダウンロード可能です。

以下にて、スクリーンショットを交えて紹介しますので参考にしてみてください。

App store

iPhoneのホーム画面から「App Store」アプリをタップします。

Earthをダウンロード

App Storeが開いたら、①「Google アース」と検索し当該のアプリを表示させ、②「入手」ボタンをタップします。これでグーグル アースのiPhone版アプリのダウンロードは完了です。

iPhoneのGoogle アースの使い方

iPhone版のグーグル アースの使い方を、項目ごとに紹介します。

基本的なものからマニアックな操作まで紹介するので、この記事を一通り読んでいただくと、一気にiPhone版のグーグル アースに詳しくなります。ぜひご覧ください。

場所を表示する

基本的に、画面を上下左右にスクロールすることで特定の場所を表示させることができますが、「地名」が分かるものの「場所」がわからないという場合は、検索機能を使いましょう。

以下の手順で検索機能が使えるので参考にしてみてください。

検索アイコン

画面上の「検索」アイコンをタップします。

地名を入力

検索欄に閲覧したい地名を入力して、②検索した地名に準じて表示される候補から選択します。

検索の結果

検索した場所が画面に表示されます。

グリッド線を有効にする

グリット線を表示すると、緯度経度をもとにグーグル アースを閲覧することができます。

グーグル アースは「デジタル版地球儀」とも呼ばれますが、グリット線を表示させることでより一層、地球儀を見ているような感覚になります。

メニューを選択

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

メニューを選択

表示されたメニューから、「地図のスタイル」を選択します。

オンにする

「地図のスタイル」の項目の中から「グリット線をオンにする」のスイッチをオンにします。

グリットが表示される

これでグリット線が表示されるようになります。

建物の3D表示を有効にする

真上からの航空写真だけでなく、建物のスケール感までわかる3D表示ができるのもグーグル アースの魅力です。

ボタン一つの簡単操作で3D表示への切り替えができるので、以下の手順を参考に操作してみてください。

2d表示

画面右下の「3D」ボタンをタップします。

3D

これで画面上に表示されている建物が3D表示されるようになります。

Voyager を開く

「Voyager」機能とは、グーグル アース内で、人気の観光地や有名な都市のガイド付きツアーを楽しめる機能です。

その地点の歴史など、地点にまつわるさまざまな情報を得ることができます。

なかなか簡単にいくことができない都市を巡るなど、ちょっとした海外旅行気分を味わうこともできるので、気軽にさまざまなメニューを試してみてください。

メニューを選択

画面左上の「メニュー」アイコンをタップします。

項目を選択

「Voyager」をタップします。

voyage機能

「Voyager」機能のメニューが開きます。表示されたメニューの中から、閲覧したいものを選択し、表示させます。

タイムラプスを表示する

「Voyager」機能の人気メニューの一つ、「タイムラプス」の表示の仕方を紹介します。

タイムラプスは、ある地点においての、古い航空写真を閲覧することができます。

今の大都市の、発展前の写真を見ることができるなど、あえて調べなければお目にかかれない光景に出逢うことができます。

レイヤからタイムラプスを選択

「Voyager」機能のメニューから①「レイヤ」を選択し、②「Google Earthのタイムラプス」をタップします。

見たい時代と地点

タイムラプスのメニューが開くので、①閲覧したい写真の年代を選択し、②見たいエリアの名前を入力します。

タイムラプスの表示

先ほど入力した年代・エリアの航空写真が表示されます。一部古い写真が無い地域もありますが、多くの地域で閲覧することができるので、試しながら世界の近代史を巡ってみてください。

iPhoneはGoogle EarthのVRに対応してる?

2016年にリリースされた「Google Earth VR」はiPhone・Androidそれぞれのスマートフォンに対応しています。

Google Earth VRはストリートビュー機能に対応しているため、世界各地の街を、よりリアルに歩き回るような体験が可能になりました。

リリース後はその気軽に海外旅行を楽しめるような、まるで夢のような体験に、世界中の人々が驚きの声を挙げました。

VR体験には、スマホを差し込めるタイプのゴーグルが必要なので、お持ちでない場合は家電量販店やネットショップなどで購入しましょう。

[Google Earth 使い方]の関連記事

Page Top