G Tips

Google Earth Proの使い方

  • Release
  • Update

Google Earth Proは、航空写真を表示させるだけでなく、様々な機能の利用が可能です。

そのため以前は有料での使用となり、仕事で利用している方が多かったことと思います。

ですが、現在Google Earth Proは無料化され、Googleアカウントがあれば誰でも気軽に利用できるようになりました。

こちらでは、初心者の方でも簡単に利用できるGoogle Earth Proの使い方について、詳しく説明をしています。

フライトシミュレーターや、動画作成など楽しい機能の使い方をぜひこちらでご覧になってください。

Google Earth Proの使い方

地図を表示する

Google Earth Proを開くためには、ダウンロードとインストールが必要です。

まだダウンロードを行っていない方は、下記の記事で詳しく方法を説明していますので、参考になさってください。

Google Earth Proのダウンロード・インストール方法

Google Earth Proでは、Google マップのアイコンボタンをタップするだけで、今見てる場所の地図が表示できます。

Googleマップを表示をタップ

Google Earth Proを開いたら、見たい場所を表示し、「Google マップで表示します」をクリックします。

レイヤをクリック

Google マップが立ち上がり、同じ場所が航空写真で表示されました。

地図表示にするには、左下の「レイヤ」をクリックします。

地図の表示画面

地図表示が確認できます。

ストリートビューを表示する

ペグマンをドラッグ

ストリートビューの表示は右側の人型アイコン「ペグマン」を使って操作します。

ペグマンをドラッグアンドドロップ

表示させたい場所に「ペグマン」をドラッグアンドドロップします。

ストリートビューの表示画面

ストリートビューが表示されました。

終了させたいときは、画面右上の「ストリートビューを終了」ボタンをクリックしてください。

等高線を表示する

等高線とは、同じ高さの点を結び合わせた線のことを言い、山などの地形を把握するのに役立ちます。

Google Earth Proでは、残念ながら等高線は表示できません。等高線は、Google マップで表示できます。

Google マップで等高線を表示する方法は、以下の記事の「現在地の標高を調べる」で説明しています。

グーグル マップの現在地とは?現在地の表示から共有まで網羅

フライトシミュレーターの利用

Google Earth Proをパソコンにインストールすると、実際に飛行機を操縦しているかのような、フライトシミュレーター機能が利用できます。

マウスとキーボードでも操作ができますので、おうちのPCで気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

フライトシミュレーターの利用に必要な動作環境、使い方、操作方法は下記の記事で詳しくご紹介をしています。ぜひ参考になさってください。

Google Earthのフライトシミュレーター操作方法

ルート動画を作成する

Google Earth Proでは、ツアー動画の作成も可能です。

動画の作成から保存までの手順を説明をしていきます。

フォルダを作成する
お気に入りを右クリック

Google Earth Proを開きます。

「お気に入り」を右クリックし、②「追加」、③「フォルダ」の順に選択します。

フォルダ名を入力

「新規フォルダ」ダイアログボックスが開かれたら、①「フォルダ名(例:東京タワーから通天閣)」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

新規フォルダの確認画面

新しく「東京タワーから通天閣」フォルダが作成されました。

開始位置と場所を設定する
開始位置の表示

次に、最初に表示される画面の開始位置を設定します。

マウスを使って、開始位置を決めたら①「表示」タブ、②「ここを開始位置にする」の順に選択します。

目印をクリック

開始位置を決めたら、ツアーの目印となる場所を決めていきましょう。

「東京タワーから通天閣」フォルダを右クリックし、②「追加」、③「目印」の順に選択します。

目印にしたい場所を検索

検索窓に「目印にしたい場所(例:東京タワー)」を入力し、②「検索」ボタンをクリックします。

目印の名前を入力

「目印」ダイアログボックスが開かれたら、検索した場所の緯度経度が表示されているのを確認します。

「目印の名前」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

この操作を繰り返し行い、目印の場所(動画にしたい場所)を追加していきます。

目印の通天閣を追加

例として、さらに通天閣を追加しました。

ツアーを再生をクリック

動画にしたい目印をいくつか追加したら、①「フォルダ」を選択し、②「ツアーを再生」ボタンをクリックします。

ツアー再生で動画の確認を終えたら、動画の保存へ進みましょう。

動画を保存する
保存ボタンをクリック

動画の保存は、「ツアー再生」の画面から行います。

画面左下に再生ツールが表示されるので、「保存」アイコンをクリックします。

動画の保存名を入力

「新規ツアー」ダイアログボックスが開かれるので、①「保存名」を入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

これで動画の保存が完了しました。

動画の書き出しをする
✕ボタンをクリック

保存した動画の書き出しを行う前に、画面下の再生ツールを消しておきます。表示されていると次の操作に移れません。

「✕」ボタンをクリックして、再生ツールを非表示にしてください。

動画メーカーを選択

「ツール」タブ、②「動画メーカー」の順に選択します。

動画作成ボタンをクリック

「動画メーカー」ダイアログボックスが開かれるので、「保存したツアー」「保存先」「動画パラメーター」「ファイル形式」を確認し、よければ「動画を作成」ボタンをクリックします。

書き出し中の画面

動画の書き出しが始まります。

書き出しが保存されたファイル

動画の書き出しが終わると、保存先に画像が保存されました。

ここから動画(アニメーション)にするには、動画編集ソフトが必要です。無料のFFmpegや有料のAdobe After Effectsなどをご利用ください。

プロジェクトを作成する

Google Earth Proでは、プロジェクトを作成することはできません。

プロジェクトの作成は、Web版のGoogle Earthを利用してください。

GoogleEarthを開く

パソコンでGoogle Earthを開きます。

作成ボタンをクリック

「プロジェクト」アイコンをクリックし、②「作成」ボタンをクリックします。

ドライブで作成を選択

「Googleドライブでプロジェクトを作成する」か「KMLファイルを作成」のどちらかを選択してください。

ここでは例として「Googleドライブでプロジェクトを作成する」を選択します。

編集ボタンをクリック

プロジェクトに名前を付けるため、「プロジェクト編集」ボタンをクリックします。

プロジェクト名を入力

「プロジェクトのタイトル」を入力し、②「説明を追加」に説明文を入力します。

新機能ボタンをクリック

次に目印を追加するため、「新機能」ボタンをクリックします。

検索して場所を追加

「検索して場所を追加」か「目印を追加」のどちらかを選択し、目印となる場所を追加していきます。

ここでは「検索して場所を追加」を選択します。

場所を選択

「検索したい場所(例:北海道)」を入力し、②「目印にしたい場所(例:北海道)」を選択します。

プロジェクトに追加をクリック

選択した画面が表示されたら、「プロジェクトに追加」をクリックします。

保存ボタンをクリック

「プロジェクトに保存」ダイアログボックスが開かれるので、①「場所のタイトル」を入力または確認をし、②「保存」ボタンをクリックします。

プレゼンテーションを開始ボタンをクリック

同じ操作を繰り返し、すべての目印を追加し終えたら、「プレゼンテーションを開始」をクリックします。

プロジェクト作成が完了

プロジェクト作成が完了し、目次の「矢印」をクリックすると追加した目印の確認ができます。

KMLマップをインポートする

Google マップのマイマップや、Google Earth Proなどで作った地図は、KML/KMZファイルで保存するとGoogle Earthにインポートして表示できます。

現在Google Earth Proに、KMLマップをインポートする機能はありません。

そこでこちらでは、Web版のGoogle Earthを利用したKMLマップのインポート方法を説明していきます。

新しいプロジェクトをクリック

Google Earthを開き、①「プロジェクト」をクリックし、②「新しいプロジェクト」ボタンをクリックします。

パソコンからインポートを選択

「パソコンからKMLファイルをインポート」を選択します

KMLファイルを開く

「開く」ダイアログボックスが開かれたら、①インポートしたい「KMLファイル」を選択し、②「開く」ボタンをクリックします。

KMLマップのインポートが完了

Google EarthにKMLマップのインポートが完了しました。

インポートしたファイルの保存は、現在PCのローカルストレージにしか保存できません。

また他の人との共有や、複数のデバイスでの共有もできません。これらの点を考慮してご利用してください。