G Tips

Google レンズが勝手にインストールされた場合

  • Release

Google レンズの日本語版は2017年にPixel 3で利用が開始され、2018年には他のAndroidデバイスやiPhoneでも利用できるようになりました。

しかし、ユーザーからは「Google レンズが勝手にインストールされた」とのコメントも多く出ていたようです。

この記事では、Google レンズが勝手にインストールされた場合はどうすればいいのかについて説明します。

Google レンズが勝手にインストールされた場合

Google レンズが勝手にインストールされた場合について、iPhoneとAndroidそれぞれの対応方法をご紹介します。

Android

Googleレンズのカメラアイコン

Google レンズは、カメラをかざすだけで目の前のものを検索できる便利な機能です。

しかし、上記のようにGoogleの検索バーにカメラアイコンが突然表示されるようになったので、驚いたユーザーも多かったようです。

Googleレンズアプリのアイコン

また、一部のAndroidデバイスではGoogle レンズアプリが勝手にインストールされ、実際に使おうとしてもエラーが表示されて利用できない現象も起こっていました。

もし、Google レンズアプリが不要であれば、アンインストールしましょう。AndroidでGoogle レンズアプリをアンインストールする方法は、下記記事の「AndroidでGoogle レンズをアンインストールする」でご紹介しています。

Google レンズのアンインストール方法


iPhone

Googleアプリのカメラアイコン

Google レンズアプリはiOSには提供されていないため、iPhoneユーザーからは勝手にインストールされたという意見はなかったようです。

しかし、Googleアプリを開くと検索バーに見慣れないカメラアイコンが表示され、Androidユーザー同様驚いた方も多いでしょう。

もしGoogle レンズを使わない場合は、Google アプリをアンインストールすることになります。その手順については、下記記事の「Google レンズのアンインストール方法」でご紹介していますのでご参照ください。

Google レンズのアンインストール方法

このページを見ている人におすすめの商品