G Tips

Google Meetの会議の参加をリクエスト機能について

  • Release

この記事では、Google Meetの会議に参加するためのリクエスト機能についてご紹介します。

Google Meetでゲストが主催者に会議への参加をリクエストする方法と、リクエストが承認されなかった場合の対処法について説明します。

また、主催者が参加リクエストの承認を省略できるクイックアクセスについても解説します。

Google Meetの会議の参加をリクエストする方法

Google Meetで参加者(ゲスト)が主催者(ホスト)に会議のリクエストをする方法を説明します。

作業時間:1分

ゲストが会議のリンクを開く

URLを押す

参加者(ゲスト)が主催者(ホスト)から届いたメールを開き、Google Meetの会議リンクを選択します

参加をリクエストボタンを押す

参加をリクエストボタンを押す

参加をリクエストボタンを押します

進捗インジケーターが表示される

進捗インジケーターを待つ

クルクルと回る進捗インジケーターが表示されるので、主催者(ホスト)の承認を待ちます。

主催者が承諾を押す

承諾を押す

主催者(ホスト)の会議画面で、「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」ダイアログボックスが表示されました。主催者が承諾を押します

ゲストが通話開始可能になる

参加リクエストの承認

主催者(ホスト)がリクエストを承認しましたので、ゲストはここから通話を開始することができます。

参加リクエストが承認されない場合

下記では、Google Meetでゲストが主催者に送った会議の参加リクエストが承認されない場合の対処法について解説します。

もし、下記の対処法を試しても参加リクエストが承認されない場合はGoogle ヘルプにお問い合わせください。

主催者に確認をとる

Google Meetでゲストが主催者に送った参加リクエストが承認されない場合、主催者に確認をとってみましょう。

承諾を押す

主催者の会議画面で、主催者が「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」ダイアログボックスの表示に気づいていないなどの可能性があります。

主催者に承諾を押すように依頼をしてみてください。

もう一度参加リクエストを送る

参加リクエスト待ち

参加リクエストが承認されない場合、進捗インジケーターが回ったままで、会議画面に何も変化が起きません。

上図の画面左上の「Google Meet」を押してトップ画面に戻り会議URL(コード)を入力するか、Googleカレンダーや メールの招待リンクにアクセスして、主催者に会議の参加をリクエストしてみてください。

障害情報を確認する

Googleの障害情報

また、参加リクエストが承認されない原因として、Google側で不具合が発生している可能性もあります。

その場合は、Google Workspace ステータス ダッシュボードにアクセスして、障害状況を確認しましょう。

参加リクエストなしで会議に参加させたい

Google Meetでの会議の参加人数が多い場合、主催者が一人一人の参加に承諾することは困難ですよね。

Google Meetには、会議参加者がゲストの承認作業を回避することができるクイックアクセス設定があります。

このクイックアクセス設定は、以下のGoogle Workspaceサービスを契約するとお使いいただけるようになります。

  • Business Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Frontline
  • Workspace for Education(すべてのエディション)

Google Workspaceサービスを詳しく知りたい方、契約を考えている方は以下の記事の「有料版への申込み」セクションを参照してください。

Google Meetのノイズキャンセルについて

クイック アクセスボタン

したがって、無料版にはクイックアクセスのオン/オフのボタンがありません。

上記のGoogle Workspaceサービスのいずれかを契約し、Google Meetの会議画面の「主催者用ボタン」を押してクイックアクセスをオンにしてお使いください。

このページを見ている人におすすめの商品