G Tips

Google Meetの会議の主催者について(変更方法や不在の場合など)

  • Release

この記事では、Google Meetの会議の主催者について、様々な情報をお伝えします。

Google Meetの会議の主催者ができることについて解説し、Google Meetで会議の主催者になる方法について説明します。

また、Google カレンダーを使って主催者を変更する方法、共同主催者として主催者を複数にする方法も解説します。

さらに、主催者が不在の場合のゲストへの対応についても詳しく説明します。

Google Meetの会議の主催者ができること

Google Meetでは、会議を作成した人がゲストを招待することができます。

Google Meetで会議を作成した人を「主催者」と呼びます。主催者は、主に以下のことができます。

  • 会議の参加について承認/拒否を行う
  • ゲストの挙手を下げる
  • 録画を実施する(有料版)
  • ブレイクアウトセッションでルームやメンバーの割り振りなどの設定全般を行う(有料版)
  • アンケートを投稿する(有料版)
  • Q&Aを投稿する(有料版)
  • メンバーの入室で許可を求めないクイックアクセスの設定を行う(有料版)

また、会議画面の「主催者用ボタン」でも主催者にしかできない設定があります。

詳しくは、以下「主催者用ボタンについて」セクションを参照してください。

主催者になる方法

Google Meetで主催者になるには、会議を作成してゲストを招待します。

新しい会議を作成ボタンを押す

Google Meet新しい会議を作成ボタンを押します

会議作成方法のどれかを選択する

「次回以降の会議を作成」「会議を今すぐ開始」「Google カレンダーでスケジュールを設定」のコマンドがそれぞれ表示されました。

こちらのコマンドを選択して会議を作成すると、主催者になり、ゲストを招待することができます。

主催者になってしまう場合

Google Meetで主催者として参加してしまう場合、他の主催者があなたを共同主催者として追加している可能性があります。

別の主催者に心当たりがあれば、Google Meetで主催者として自分を追加したかどうか確認してみましょう。

自分の主催者権限を付与する(主催者変更)方法

会議中に主催者を変更する

会議中に主催者を変更することはできませんが、主催者が持つ一部の管理権限を参加者に付与することはできますので、詳しくは下記を参照してください。

主催者向けの管理機能をオフにする

Google Meetの主催者側の会議画面で、①主催者用ボタン、②オンになっている「主催者向けの管理機能」のスイッチの順に選択します。

オフにするを押す

「会議の管理権限を全員に付与しますか?」ダイアログボックスが表示されました。

「オフにする」を押すと、以下の主催者権限が他の参加者に付与されます。

  • 他のユーザーの参加を承認する/他の参加者を退出させる
  • 他の参加者をミュートする
  • 通話を録画する
  • 自分のマイクとカメラを制御する
  • 通話中に画面を共有する
  • 通話中にチャットメッセージを送信する

オフにするを押します

主催者権限が付与された

主催者向けの管理機能がオフになり、他の参加者に主催者権限が付与されました。

主催者の変更ができない場合

Google Meetの会議で主催者を変更するには、Google Workspace(有料)に契約し、Google カレンダーから変更を行う必要があります。

Google Workspace(有料)の詳細については、以下「主催者を複数追加する方法(共同主催者)」セクションを参照してください。

Google カレンダーで主催者を変更する方法については、以下を参照してください。

予定を選択する

Google カレンダーにアクセスします。

Google Meetの予定を含む会議、②編集の順に選択します。

主催者を変更を選択する

その他の操作、②主催者を変更の順に選択します。

主催者を変更

「主催者を変更」ダイアログボックスが表示されました。

主催者の変更を依頼したいユーザーのメールアドレスを入力し、②「主催者を変更」を押します

Google カレンダーの表に戻る

Google カレンダーの予定表に戻りました。

新着メールを選択する

次に、主催者を依頼された側のメールを確認しましょう。

受信トレイ、②新着メールの順に選択します。

リンクを押す

主催者変更を承認するためのリンクを押します

主催者の変更を確認する

その後、Google カレンダーでGoogle Meetの会議の主催者が変更されているかを確認したところ、正常に変更されていることがわかりました。

主催者を複数追加する方法(共同主催者)

主催者を共同主催者として追加する場合、以下のGoogle Workspace(有料)に契約する必要があります。

  • Business Standard
  • Business Plus
  • Essentials
  • Enterprise Starter
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Workspace for Educationのすべてのエディション

以下、Google カレンダーを使って、Google Meetで主催者を共同主催者として追加し、主催者を複数にする方法を説明します。

予定を選択する

Google カレンダーにアクセスします。

作成ボタンを押し、②予定を選択します。

カレンダーの詳細を入力する

会議のタイトル(例:A美容室経営セミナー打ち合わせ)を入力します。

会議の日時、③共同主催者にしたいユーザーのメールアドレスを入力します。

Google Meetのビデオ会議を追加ボタンを押します

保存ボタンを押す

共同主催者にしたいユーザーのメールアドレスを記録したいので、保存ボタンを押します

編集に戻る

「Google カレンダーのゲストに招待メールを送信しますか?」ダイアログボックスが表示されました。

「編集に戻る」を押します

ビデオ通話オプションを選択する

共同主催者にしたいユーザーのメールアドレスが記録されました。

ビデオ通話オプションを選択します。

主催者向けの管理機能をオンにする

主催者用ボタンタブを選択し、②主催者向け管理機能をオンにします。

共同主催者にしたいユーザーのメールアドレスを選択する

共同主催者タブを選択します。

②「共同主催者を追加」にメールアドレスの頭文字(例:c)を入力し、③表示されたメールアドレスを選択します。

保存ボタンを押す

共同主催者に設定したユーザーのメールアドレスが記録されましたので、保存ボタンを押します

保存ボタンを押す

続けて保存ボタンを押します

送信を押す

「Google カレンダーのゲストに招待メールを送信しますか?」ダイアログボックスが表示されました。

ここでは、送信を押します

ゲスト全員を招待を押す

「次のゲストは組織外のユーザーです」のメッセージが表示されました。

ゲスト全員を招待を押します

カレンダーに登録完了

Google カレンダーにGoogle Meetの会議が共同主催者を含めて予約されました。

主催者用ボタンについて

主催者用ボタン

主催者側の会議画面で「主催者用ボタン」を選択すると、主催者側で参加者の権限をオン/オフして変更できる画面が表示されます。

  • 主催者向けの管理機能(全体)
  • 参加者の画面を共有
  • チャットメッセージを送信
  • 参加者のマイクをオンにする
  • 参加者のビデオをオンにする

他に主催者側ができることについては、上記「Google Meetの会議の主催者ができること」セクションも参照してください。

録画は主催者以外はできない?

Google Meetでは、主催者以外(ゲスト)は録画ができません。主催者のみがその権限を所持しています。

Google Meetの録画について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

Google Meetの録画方法(録画の保存先など)

主催者が不在(参加しない場合)の対応方法

主催者が参加するまでの画面

参加しない場合の対応

ゲストが参加をリクエストしても、主催者が参加するまで「参加をリクエストしています」画面が表示され、進捗インジケーターが回ったままになっています。

この画面になったままになっている場合は、主催者に連絡し、会議に参加し、ゲストの入場を許可するように伝えてください。

承諾を押す

主催者が会議画面に入ると、主催者が入室なしの設定をしていない限り、「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」ダイアログボックスが表示されています。主催者に承諾を押すように依頼しましょう。

それでも会議が開始されない場合は、以下の記事の対処法を参照してください。

Google Meetに入れない場合

このページを見ている人におすすめの商品