G Tips

Google Meetの会議の時間制限について

  • Release

この記事では、Google Meetの会議の時間制限について説明します。

無料版、Google Workspace(4つのプラン)、Google Workspace Individual、Google Workspace for Education(無料版含む)のそれぞれのケースについて解説します。

Google Meetの会議の時間制限

2021年7月以降の時間制限

2021年7月以降、無料版では1対1(参加者2名)の場合は24時間まで、3名以上の場合は60分まで無料で会議を行うことができるようになりました。

会議の時間制限を延長するには、主催者がGoogle Workspaceなどのプランに加入する必要があります。詳しくは、下記「1時間以上利用したいときに時間制限を延長する(解除する)」セクション以降をご覧ください。

時間制限がきて再接続する

Google Meetの再接続を説明する前に、3人で会議を行う際に確認できる制限時間前の表示内容をチェックしておきましょう。

3人で会議を行うときに表示

Google Meetを使って3人で会議をしようとすると、会議の冒頭で「無料通話には1時間の時間制限があります」のメッセージが表示されます。

ここでは、閉じるボタンを押して3人で会議を行います。

3人で会議

無料版では、3人以上での会議の場合、60分しか与えられません。

終了直前の表示

制限時間が近づくと、画面右下に「この通話はあと…分で終了します」と表示されます。

通話が終了

制限時間以上通話を続けると、Google Meetのトップ画面に戻ります。

Google Meetの有料版に加入しなくても、会議回数は無制限です。制限時間が過ぎたら同じ会議コードもしくはリンクを使用して会議を再開することができます。

Google Meetで発行されたリンクを使って会議を行う方法を確認したい場合は、以下の記事を参照してください。

Google MeetのURLリンクについて(使いまわしや有効期限など)

1時間以上利用したいときに時間制限を延長する(解除する)

Google Workspace

ビジネス向けクラウドツールであるGoogle Workspace(有料プラン)にお申込みすると、Google Meetの時間制限を延長したり、参加可能な人数を増やしたりすることができます。

プラン月額 人数上限時間制限
無料 0円100人2名で24時間、
3名以上は60分
Business Starter680円(税込)100人24時間
Business Standard1,360円(税込)150人24時間
Business Plus2,040円(税込)500人24時間
Enterprise問い合わせ500人24時間

上記の表は、Google Workspaceの4つのプラン(Business Starter、Business Standard、Business Plus、Enterprise)と無料版の月額料金、会議の人数上限、時間制限をまとめたものです。

お支払いの月額料金を上げると、参加可能人数が拡大したうえで24時間会議を行うことが可能になります。

Google Workspace Individual

また、ビジネス利用前提の個人事業主・フリーランスを対象としたGoogle Workspace Individualというプランもあります。

このプランの場合、月額料金は1,130円(2022年10月までは900円)、参加人数は上限100人、時間制限は24時間となっています。

1時間使ったときの通信量は?

Google Meetを1時間利用した場合の通信量の目安は、以下をご参照ください。

  • 音声通話の場合 :約36MB
  • ビデオ通話の場合:約600MB

Education版の時間制限

Google Workspace for Education

Google Workspace for Educationは、教育機関向けのGoogle Workspaceプランです。

Google Meetを使った遠隔授業での利用を想定した機能なので、1対1だけでなく複数人での会議が可能です。

プラン料金人数上限時間制限
Education Fundamentals無料100人24時間
Education Standard問い合わせ100人24時間
Teaching and Learning Upgrade問い合わせ250人24時間
Education Plus問い合わせ500人24時間

Google Workspace for Educationもプランによって価格や機能が異なりますので、詳しくは上の表を参照してください。

このページを見ている人におすすめの商品