G Tips

Google Meetの会議の参加方法

  • Release

この記事では、Google Meetの会議に参加する方法を、パソコンとスマホ(iPhone)の場合で分けて説明します。

また、電話からGoogle Meetの会議に参加する方法、URLやリンクから会議に参加する方法、参加のリクエストについてなども詳しく解説しています。

パソコンでGoogle Meetの会議に今すぐ参加する方法

パソコンで「今すぐ」Google Meetの会議に参加する方法については、以下をご覧ください。

作業時間:3分

新しい会議を作成ボタンを押す

新しい会議を作成ボタンを押す

主催者はGoogle Meetにアクセスし、新しい会議を作成ボタンを押します。Google Meetのリンクについては、以下「URLから参加する方法」セクションを参照してください。

会議を今すぐ開始を選択する

会議を今すぐ開始を選択する

会議を今すぐ開始を選択します。

ユーザーの追加ボタンを押す

ユーザーの追加ボタンを押す

「会議の準備が整いました」ダイアログボックスが表示されました。ユーザーの追加ボタンを押します

メールを送信する

メールを送信ボタンを押す

「ユーザーを追加」ダイアログボックスが表示されました。こここでは、①メールアドレスを入力し、②メールを送信ボタンを押します

ゲストがメールを開く

新着メールを選択する

ゲストにメールが届きました。①受信トレイ、②新着メールの順に選択します。

通話に参加ボタンを押す

通話に参加ボタンを押す

通話に参加ボタンを押します

今すぐ参加ボタンを押す

今すぐ参加ボタンを押す

今すぐ参加ボタンを押します

会議画面が開く

会議が始まる

会議画面が開き、主催者と通話ができました。パソコンでGoogle Meetの会議に参加することができました。

スマホ(iPhone)でGoogle Meetの会議に参加する方法

スマホ(iPhone)でも、Google Meetアプリがあれば会議に参加することができます。

以下の記事の「スマホ(iPhone)の場合」セクションでは、iPhoneでGoogle Meetの会議を作成し、Androidでゲストとして会議に参加する方法について説明しています。

Google Meetの会議の作り方(始め方)

また、以下の記事の「Google Meetに招待されたら(スマホでの操作)」セクションでは、会議コードやGoogle カレンダーを利用してGoogle Meetの会議に参加する方法について説明しています。

Google Meetに招待されたら?会議への参加方法など

URLから参加する方法

Google Meetでは、会議の主催者がGoogle Meetにアクセスして会議URLを発行し、ゲストと共有することで会議を開催することができます。

以下の記事では、Google Meetで発行したURLを使って会議に参加する方法について説明します。

Google MeetのURLリンクについて(使いまわしや有効期限など)

会議コードで参加する方法

Google Meetでは、URLだけでなく、会議コードを使って会議に参加することも可能です。

Google Meetの会議コードの作成方法と、作成した会議コードで会議を行う方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

Google Meetの会議コードはどれ?(コードの作り方や固定利用)

電話で参加する方法

スマホ(iPhone)がインターネットに接続されていない場合は、電話でもGoogle Meetの会議に参加することができます。

以下では、Google Meetに接続し、電話で通話する方法について説明します。

注意点として、Google Meetに参加するには、主催者がGoogle Workspaceに加入する必要があります。Google Workspaceのお申込みについては、以下の記事の「有料版への申込み」を参照してください。

Google Meetのノイズキャンセルについて

また、Google Meetに電話で参加する場合は、携帯通信会社の1分単位の通話料金、長距離通話料金、データ通信料がかかる場合があります。

通話料については、契約している携帯通信会社のプランによって異なりますので、ご自身で確認してください。例えば、通話料が30秒あたり22円(税込)の場合、30分通話すると1,320円(税込)になります。

電話番号とPINを控える

iPhoneでメール(Gmail)アプリを開き、主催者からの会議招待メールを確認します。

iPhoneがオフラインの状態でも、例えばGmailを利用している場合、主催者から送られた招待メールが既に届いていれば、それを開くことができます。

開けたら、参加用電話番号およびPINの番号を控えます

主催者の画面

もし、オフラインで招待メールを開くことができなければ、主催者に電話するなどして参加用電話番号およびPINの番号をご確認ください。

主催者が参加用電話番号とPINの番号を控えていない場合、主催者がGoogle Meetの会議画面を開き、右下のミーティングの詳細を選択して、参加用電話番号とPINの番号を教えてもらうよう依頼する必要があります。

電話アプリを選択する

iPhoneのホーム画面で、電話アプリを選択します。

電話番号を入れる

①先ほど控えた参加用電話番号を入力し、②受話器のアイコンをタップします。

キーパッドを選択する

キーパッドを選択します。

PINを入力する

英語でガイダンスが流れますので、先ほど控えたPINコードを入力します。

主催者と通話できた

主催者にGoogle Meetで電話がつながりました。

このまま会話を行うことができます。

ゲストとして(誰でも)参加する方法

Google アカウントを持っていないゲストなどでも、Google Meetの会議に参加することができます。

Google アカウントをお持ちでないゲストが会議に参加する際の手順については、以下の記事をご参照ください。

Google Meetでアカウントなしで参加する方法

参加のリクエストについて

Google Meetでは、会議に参加するためのリクエスト機能が用意されています。このリクエスト機能により、主催者は未知のゲストなどによる会議への参加リクエストを拒否することができます。

ゲストが主催者に参加リクエストをする方法や、リクエストが承認されない場合の対処方法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Google Meetの会議の参加をリクエスト機能について

会議に参加できない場合

何らかの理由でGoogle Meetの会議に参加できない場合、問題の解決を図るためのいくつかの対処方法があります。

以下の記事では、Google Meetで会議に参加できない原因と対処法を解説しています。

Google Meetで会議に参加できない原因

このページを見ている人におすすめの商品