G Tips

Google Meetの会議の作り方(始め方)

  • Release
  • Update

この記事では、Google Meetの会議の作り方について説明します。

会議の作り方については、PCの場合とスマホ(iPhone)の場合に分けて説明しています。

PCでの会議の作り方は、ブラウザでもアプリでも同じですので、その点はご留意ください。

Google Meetの会議の作り方

Google Meetでの会議の作り方については、PCの場合とスマホ(iPhone)に分けて説明しています。

PCのブラウザ(Google Chrome)でGoogle Meetの会議を作成する場合は、Google Meetにアクセスしてください。

PCの場合

PCの場合、ブラウザもしくはアプリから会議を作成することができます。下記では、ブラウザでGoogle Meetの会議を作る方法について解説します。なお、Google Meetアプリをご利用の場合は、アプリを起動した後の手順は全く同じですので、以下の手順をご参照ください。

作業時間:5分

新しい会議を作成ボタンを押す
新しい会議を作成ボタンを押す

PCのブラウザ(Google Chrome)でGoogle Meetにアクセスし、新しい会議を作成ボタンを押します

次回以降の会議を作成を選択する
次回以降の会議を作成

次回以降の会議を作成を選択します。

リンクをコピーボタンを押す
コピーする

会議のURLが表示されますので、リンクをコピーボタンを押し、URLをコピーします。

作成ボタンを押す
Gmailアドレスを開く

次に、メール(例:Gmail)を開きます。作成ボタンを押します

メールにURLを貼り付けて送信
メール作成する

スマホの場合と異なり、定型文は無いので自分でメールの文章を作成します。①宛先のアドレス、②件名、③文章をそれぞれ入力します。④先ほどコピーしたURLのリンクをCtrl + Vで貼り付け、⑤送信ボタンを押します

送信済を確認する
送信完了

「メッセージを送信しました」のメッセージを確認し、メールが送信されたことを確認します。

相手が新着メールを開く
新着メールを開く

こちらは相手のメールアドレスです。①受信トレイ、②新着メールの順に選択します。

相手がメールのリンクを開く
メールのリンクを開く

ホストからのメールのリンクを開きます

参加をリクエストボタンを押す
参加をリクエストボタンを押す

参加をリクエストボタンを押します

参加のリクエスト中になる
リクエスト中

「参加をリクエストしています...」が表示されました。リンクを送ったホストの承認を待ちます。

コピーしたURLを貼り付ける
URLの入力

次に、自分が見ているPCで、Google Meetのトップページに戻ります。①先ほどコピーしたURLを貼り付け、②参加を押します

今すぐ参加ボタンを押す
今すぐ参加ボタンを押す

今すぐ参加ボタンを押します

承諾を押す
承諾を選択する

「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」画面が表示されました。承諾を押します

会議(通話)を開始する
会議を開く

会議(通話)を開始することができました。

スマホ(iPhone)の場合

Google Meetの会議の作り方に関しては、以下のとおりです。

Google Meetアプリを選択する

iPhoneを開き、Google Meetアプリを選択します。

新しい会議ボタンを押す

新しい会議ボタンを押します

会議の共有用リンクを取得を選択する

会議の共有用リンクを取得を選択します。

招待状を共有ボタンを押す

招待状を共有ボタンをタップします。

...ボタンを押す

ここでは、Gmailを持っている相手に送りたいので、… その他を選択します。

Gmailを選択する

Gmailを選択します。

Gmailのアドレスを入力して送信する

Gmailを開くと、すでに文章(URL含む定型文)が入力されていました。①相手のメールアドレスを入力します。②送信をタップします。

Gmailを選択する

相手のスマホで、Gmailアプリを選択します。

新着メールを選択する

新着メールを選択します。

リンクを選択

Google Meetのリンクをタップします。

参加をリクエストボタンを押す

参加をリクエストボタンをタップします。

URLを選択する

自分のiPhoneを見てみましょう。先ほどGmailで共有した会議のURLを選択します。

参加をリクエストボタンを押す

参加ボタンをタップします。

承認ボタンを押す

「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」の画面が表示されました。承諾をタップします。

通話中

会議(通話)が可能になりました。

このページを見ている人におすすめの商品