G Tips

Google Meetの画面を大きくする方法

  • Release

この記事では、Google Meetの会議画面(スマホ含む)を拡大する方法について説明します。

Google Meetの会議画面を全画面表示する方法と、複数人での会議中に発言した1人の画面だけ拡大表示する方法を解説します。

また、Google Meetの画面共有で拡大表示を行う方法もご紹介します。

Google Meetの画面を大きくする方法

全画面表示する

Google Meetの会議画面を大きくする(全画面表示にする)方法については、以下をご参照ください。

作業時間:1分

全画面表示にする前の画面
全画面前の表示

Google Meetの会議画面を開きます。全画面表示にする前は、Google Chromeのタブやブックマークバー、Windowsのタスクバーが見えた状態です。

全画面表示を選択する
全画面表示を選択

...、②全画面表示の順に選択します。Google Meetにアクセスする場合は、以下「複数人で会議中に1人を大きくする」セクションのリンクを参照してください。

会議画面が全画面表示になる
全画面表示になる

Google Meetの会議画面が大きく(全画面表示に)なりました。Google Chromeのタブやブックマークバー、Windowsのタスクバーが隠れた状態になりました。

複数人で会議中に発言した1人のみ大きくする

Google Meetの会議中に、発言している人の画面だけを拡大するスポットライト機能の設定方法については、以下をご覧ください。

レイアウトを変更

Google Meetを開きます。今回は3名で会議を行っています。

、②レイアウトを変更の順に選択します。

スポットライトを選択する

「レイアウトを変更」ダイアログボックスが表示されました。

スポットライトを選択し、②×を押します

2名のみの画面になる

会議画面が自分を除く1名(例:太郎)のみクローズアップされました。

話した人がクローズアップ

誰かが発言すると、発言した人のアイコンに切り替わって表示されます。

Google Meetの画面をスマホで大きくする方法

スマホ(iPhone)でGoogle Meetの会議画面を拡大する方法については、以下をご覧ください。

iPhoneでGoogle Meetを開きたい場合は、事前にApp Storeでインストールを行ってください。

iPhoneの画面をタップする

Google Meetで会議を行っている状態です。

会議画面の空白の部分をタップします。

全画面表示になる

全画面表示になりました。

横向きにする

iPhoneを横に傾けると、会議画面がより大きく表示されます。

スマホで全画面表示を元に戻す

スマホ(iPhone)で全画面表示を元に戻すには、下記を参照してください。

空白をタップ

Google Meetの会議画面を全画面表示にして会議を行っているところです。

会議画面の空白の部分をタップします。

全画面表示が解除

Google Meetの全画面表示が解除されました。

Google Meetの画面共有を拡大する方法

Google Meetで相手から画面共有されたコンテンツを最大限に拡大して見たい場合があります。

以下では、相手が共有しているコンテンツを画面いっぱいに拡大し、自分の画面を最小化する方法について説明します。

画面共有されている状態

Google Meetの会議画面で、コンテンツが相手から画面共有された状態です。

全画面表示を選択する

、②全画面表示の順に選択します。

画面共有中

全画面表示されましたが、自分の画面も最小化したい場合は最小化を選択します。

自分の画面が縮小される

自分の画面が最小化されました。

Google Meetで共有された画面がより大きく広がりました。

このページを見ている人におすすめの商品