Googleのサイト内検索のコマンドについて

  • Release
  • Update

こちらの記事では、Googleのサイト内検索のコマンドについてお伝えします。

コマンドを利用することによって、調べたい情報を効率的に調べることができます。

Google検索のサイト内検索のコマンドにはどのようなものがあるのか、その使い方のほか、代表的なコマンドである、site検索についてご紹介します。

Googleのサイト内検索のコマンドは?

site

Googleのサイト内検索のコマンドは「site:」というコマンドです。こちらを上記の画像のように検索窓に入力することによって、指定したドメイン内のサイトにおいてキーワードに該当するページを検索することができます。

Siteコマンドの使い方

siteコマンドについては、上記で紹介した使い方のほかに、いくつかのオプション機能があります。

基本的な「site:”URL” “検索ワード”」という記述に、以下の要素をプラスすることで、より検索にヒットする内容を絞り込むことができます。

site:example.com/folder

folder

多くの情報を掲載しているサイト内で、特定のディレクトリの情報のインデックス情報を知りたい場合は、ルートドメインの後に「/folder」としてディレクトリ名を入れましょう。

site:sub.example.com

sub

多くの情報を掲載しているサイト内で、サブドメインのコンテンツのインデックス情報を知りたい場合は、ルートドメインの前に「sub.」としてサブドメインのURLを入れて検索しましょう。

site:example.com inurl:○○

inurl

サイト内で、特定のワードを含むURLのページがインデックスされているかどうかを調べるには、「inurl:」の後にワード入力して検索しましょう。

site:example.com -inurl:○○

-inurl

サイト内で、特定のワードを含む以外の、URLのページがインデックスされているかどうかを調べるには、「-inurl:」の後にワード入力して検索しましょう。

その他のコマンドの使い方

上記にて代表的なものを紹介してきましたが、その他にもsite検索で利用できるコマンドはあります。「site:example.com」に続いて以下の内容を記述することで、絞り込んだ検索を行うことができます。

  • “検索語句” 完全一致の検索
  • OR 選択肢Aまたは選択肢Bを検索
  • AND 選択肢Aと選択肢Bに該当する結果が対象
  • * ワイルドカード
  • intitle: タイトルに特定の言葉が含まれているページを探す
  • allintitle: キーワードを全て含むページタイトルを検索
  • – 特定の検索語句を除外

上記の検索コマンドについて、以下の記事にて詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。

Google検索のコマンド一覧

site検索が出てこない場合

以下の記事にて、Googleでsite検索が出てこない場合の対処法をご紹介します。

Webサイトを作成したら、出来るだけすぐにGoogle検索に表示されるようにしたいですよね。お困りの方はぜひご覧ください。

Googleでsite検索が出てこない場合

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 Google ドキュメントで行間を広くする方法を教えて
  • 質問例2 YouTube Premiumでできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

キーワードで記事を探す: 記事数