G Tips

Gboardと他のキーボードサービスとの比較

  • Release

こちらの記事では、Gboardと他のキーボードサービスの比較について紹介していきます。

キーボード操作は、スマートフォンを使うえで必須の操作ですので、ご自身に合ったものを使用したいですよね。

GboardとSimeji、S-Shoin、ATOKそれぞれとの比較と、比較対象のキーボードの特徴的な機能を詳しく記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

GboardとSimejiの比較

Simejiとは?

Simeji(シメジ)はメジャーなキーボードで、若者を中心に多くのユーザーに親しまれています。

基本的な機能はもちろん網羅されているので、SimejiもGboardも、大きなストレスなく利用可能なキーボードであることは間違いないです。

ただ、Simejiについて、以前セキュリティ関連の不具合で、入力情報が外部に漏れていたという事件がありましたので、こうした面で不安を感じる方は、利用しないことをおすすめします。

キーボード操作画面

simejiキャプション

ただ、Simejiは、左右矢印キーでの上下移動ができない点で、この操作をよく使うユーザーにとっては使い勝手が悪いでしょう。

※Gboardではこの操作が可能です。

機能の違い

GboardとSimejiを操作してみたうえで感じた機能の違いを表にまとめました。

 GboardSimeji
価格無料無料※1
操作感△:キーでの上下左右の移動ができない
着せ替え機能ありあり
変換機能〇:不便を感じることはないものの、Simejiほど幅広い分野の用語などの変換には対応していない。◎:顔文字変換、絵文字変換、アニメ用語、時事ネタ、特殊文字などに幅広く対応

※1 特別な着せ替え機能やユーザー辞書のバックアップなどが可能な有料プラン有

Simejiのインストール

shimeji

Androidの方は、Google Playからインストールできます。

app store

iOSの方は、App Storeからインストールできます。

GboardとS-Shoinの比較

S-Shoinとは?

「S-Shoin」(エスショイン)はシャープのAQUOSシリーズにインストールされている日本語変換アプリです。

シャープ製のワープロに搭載されていた、「書院」という漢字変換のシステムをスマホ用に開発したところから、そのネーミングが付けられています。

S-Shoinの特徴とGboardとの違い

基本的に、何か特段、他のキーボードに比べて劣るということは無いようですが、これといった特長もありません。若干、濁点を入力し忘れた際の変換に弱いなどの特徴があるようです。

そのため、ずっとジャープ製のスマートフォンを使っていて慣れているという以外に、S-Shoinをおすすめする理由はありません。

Gboardのほうが、検索機能を利用できたり、Googleユーザーの使用内容から行われるアップデートでの変換や機能の改善などがあるので、どちらかというとGboardのほうが多くのユーザーにとっておすすめであるといえるでしょう。

S-Shoinの注意点

S-Shoinを利用できるのは、シャープ製のスマートフォンのみになっているので、S-Shoinにこだわりたいという方は、他メーカーのスマートフォンを購入しないように気をつけましょう。

S-Shoinのインストール

s-shoin

シャープ製のスマートフォンの方は、Google Playからインストールできます。

GboardとATOKの比較

ATOKとは?

ジャストシステムが提供している入力システムである、ATOK Passport(エートックパスポート)は、月額300円から使える定額制サービスです。

Windows、Macなどのデバイス10台までインストール可能で、それぞれのデバイスで登録した単語などを、デバイス間で共有できます。

月額費用を払ってでも、予測変換機能の優秀さや、デバイス間での予測変換の共有などを行いたいという方は、GboardよりもATOK Passportを利用すると良いでしょう。

キーボード操作画面

ATOKキャプション

有料であるがゆえに便利な点は多々あり、まずその予測機能は、他のキーボードに比べると非常に優秀といわれています。

入力中の文脈を解析し、自然な日本語に変換してくれるので、文字入力の効率が非常によくなります。

機能の違い

ATOK Passportを操作してみたうえで感じた機能の違いを表にまとめました。

 GboardATOK Passport
価格無料月額300円~※2
操作感◎:画面内でキーボードサイズの変更が可能
着せ替え機能ありあり
変換機能〇:不便を感じることはない。ただ、特筆すべき点はなく、変換の精度や、ミスの自動修正などの面において、ATOK Passportのほうが便利◎:入力ミスも自動で訂正する機能の精度が非常に高い。ユーザー辞書を他のデバイスを共有できるのも大きなメリット

※2 無料体験期間あり(2022年7月現在)

ATOKのインストール

GooglePlayからダウンロード

Androidの方は、Google Playからインストールできます。

App Storeからダウンロード

iOSの方は、App Storeからインストールできます。