G Tips

Gboardのキーボード切り替え方法

  • Release

Gboardでは、キーボードを多言語に切り替えたり、日本語の入力方法をローマ字入力に切り替えたりと、自分が使いやすいキーボード設定が可能です。

こちらの記事では、よく利用する一般的なキーボード切り替え方法について、キーボード切り替えができない場合の対処方法について説明をしています。

他の日本語入力アプリに切り替える方法も、手順を追ってわかりやすくご紹介をしていますので、ぜひお役立てください。

多言語入力

Gboardは多言語入力ができ、多数の言語に対応しています。

多言語入力はGoogle 日本語入力とGboardの大きな違いであり、Gboardを利用する大きなメリットの1つです。

日本語

日本語言語パックのダウンロード

Gboardが日本語に対応したばかりの頃、「日本語パックはまだダウンロードされていません」と表示され、漢字変換ができない問題がありました。

これは、Androidのアップデートを行い、バージョン6にすることで解消されたようです。

Androidをご利用の方は、新しいバージョンのアップデート後にGboardのインストールを行ってください。

Gboardの使用条件

iPhoneでは、iOS 9以降でなければGboardが利用できません。

iPhoneの場合もアップデートを行い、Gboardをインストールしましょう。

ローマ字入力に切り替える
Gboardアプリを選択

ホーム画面から、「Gboard」アプリを選択します。

言語を選択

Gboardアプリが開かれたら、「言語」を選択します。

日本語を選択

インストール済みの言語から、「日本語」を選択します。

QWERTYを選択

日本語のキーボードレイアウトから、「QWERTY」を選択します。

ローマ字入力キーボード

Gboardを表示させると、キーボードがQWERTYになりローマ字入力が可能になります。

日本語入力ができない場合

上記したように、スマートフォンのバージョンが古いままだと、日本語入力ができない場合があります。

まずは、スマートフォンのアップデートを行ってみましょう。

次に、日本語入力が可能な状態になっているか、確認をしましょう。

あいうボタンをタップ

数字やアルファベット入力になっている場合は、「あいう」ボタンをタップして日本語入力のキーボードを開いてください。

地球アイコンを長押し

日本語以外の言語が表示されている場合は、「地球アイコン」を長押しします。

日本語を選択

プルアップメニューが開かれたら、「日本語」を選択します。

設定を選択

一覧に日本語が表示されていない場合は、言語を追加しましょう。

「設定」を選択します。

言語を選択

「言語」を選択します。

言語を追加をタップ

インストール済みの言語に日本語が表示されていないことを確認したら、「言語を追加」をタップします。

日本語を選択

下にスクロールし、「日本語」を選択します。

日本語追加画面

言語に日本語が追加されました。

入力画面に戻って、日本語入力ができるか確認をしてください。

日本語の追加が確認されても日本語入力ができない場合は、スマホの電源をオフにして再起動を行ってみましょう。

再起動することで、不具合が解消されることは少なくありません。

上記の方法を行っても、日本語入力ができない場合は、Gboardアプリを一度アンインストールし、再度インストールを行ってみてください。

インストールとアンインストールの方法は、下記の記事で説明をしています。

デバイス別にご紹介をしていますので、お役立てください。

Gboardアプリのダウンロードやインストール方法

英語

QWERTY入力にする
英語を選択

最初に、言語に英語を追加しましょう。

言語の追加から、「英語」(例:英語(アメリカ合衆国))を選択します。

言語の追加画面を開くまでは、上記の「日本語入力ができない場合」を参照ください。

英語をタップ

言語に英語が追加されました。

QWERTY入力が表示されていない場合は、「英語」をタップします。

QWERTYを選択

キーボードのレイアウトが開かれたら、「QWERTY」を選択します。

QWERTYに設定が完了

英語のQWERTY入力の設定が完了しました。

日本語と英語が切り替えできない場合
Spaceキーを長押し

言語は、地球アイコンのタップで切り替えが可能です。

Androidをお使いの方でキーボードに地球アイコンが表示されない場合は、「Spaceキー」の長押しでも言語の変更、切り替えができます。

Englishを選択

キーボードの変更のポップアップメニューが開かれたら、「English」を選択します。

設定アイコンをタップ

地球アイコンを表示させ、言語を変更したい場合は、「設定アイコン」をタップします。

設定を選択

設定の画面から、「設定」を選択します。

絵文字切り替えキーを表示をオフ

「絵文字切り替えキーを表示」をタップし、オフにします。

言語切り替えキーがオン

絵文字切り替えキーを表示をオフにすると、同時に言語切り替えキーの表示がオンになり、設定が完了です。

地球アイコンの表示画面

地球アイコンが表示され、タップすると言語の切り替えが可能になります。

地球アイコンをタップしても言語の切り替えができない場合やiPhoneをご利用の方は、「日本語入力ができない場合」でご紹介をしたように、言語の追加の確認、スマートフォンの再起動やGboardアプリのアンインストール/再インストールをお試しください。

韓国語に切り替える

Gboardのキーボードを、韓国語に切り替えるには、言語に韓国語を追加しましょう。

韓国語を選択

言語の追加から、「韓国語」を選択します。

言語の追加画面を開くまでは、上記の「日本語入力ができない場合」を参照ください。

韓国語が追加

言語に韓国語が追加されました。

地球アイコンを長押し

Gboard表示画面に戻り、「地球アイコン」を長押しします。

韓国語をタップ

キーボード切り替えのプルアップメニューが開かれたら、「韓国語」を選択します。

韓国語に切り替え完了

キーボードが韓国語に切り替わりました。

中国語に切り替える

Gboardのキーボードを、韓国語に切り替えるには、言語に中国語を追加しましょう。

中国語を選択

言語の追加から、「中国語」(例:中国語(中国本土))を選択します。

言語の追加画面を開くまでは、上記の「日本語入力ができない場合」を参照ください。

言語に中国語が追加

言語に中国語が追加されました。

地球アイコンを長押し

Gboard表示画面に戻り、「地球アイコン」を長押しします。

プルアップメニューから中国語を選択

キーボード切り替えのプルアップメニューが開かれたら、「中国語」を選択します。

キーボードが中国語に切り替え完了

Gboardのキーボードが中国語へ切り替わりました。

3言語までサポート確認画面

Gboardは、同時に3言語までしかサポートされません。

すでに3言語選択している場合は、使用していない言語を削除し追加を行ってください。

編集ボタンをタップ

言語の画面から、「編集」ボタンをタップします。

言語を選択し削除

削除する「言語」(例:日本語)を選択し、「削除」ボタンをタップします。

完了ボタンをタップ

選択した言語が削除されたことを確認し、「完了」ボタンをタップします。

言語の追加が可能

完了ボタンを押すと言語の画面に戻り、新しく言語が追加できるようになっています。

Simejiキーボードに切り替える

Simejiキーボードに切り替えを行うには、Simejiアプリのダウンロードが必要です。

App Storeを選択

ホーム画面から、「App Store」アプリを選択します。

Simejiを検索

「検索」ボタンをタップし、②検索窓に「Simeji」または「しめじ」と入力します。

入手をタップ

Simejiが表示されたら、「入手」または「雲マーク」をタップします。

開くボタンをタップ

ダウンロード、インストールが完了したら、「開く」ボタンをタップします。

Simejiをオンにするをタップ

「Simeji」キーボードアプリが開かれるので、「①Simejiをオンにする」をタップします。

Simejiを設定へをタップ

「Simejiを設定へ」をタップします。

同意するボタンをタップ

安心・安全の画面が開かれたら、利用規約とプライバシーポリシーを確認し同意できる場合は、「同意する」ボタンをタップします。

キーボードを選択

Simejiの設定画面が開かれるので、「キーボード」を選択します。

Simejiをオン

「他社製キーボードトプライバシーについて」を確認し、「Simeji」をオンにします。

フルアクセスを許可をオン

Simejiをオンにすると、「フルアクセスを許可」が表示されます。

クラウド超変換やきせかえキーボード、音声入力などを利用になる場合は、「フルアクセスを許可」をオンにします。

フルアクセスを許可しなくても、Simejiの利用は可能です。

これで、Simejiの基本的な設定が完了です。

地球アイコンを長押し

Gboardが利用できるアプリ(例:Google Keep)を開き、Gboardを表示します。

Gboardが表示されたら、「地球アイコン」を長押しします。

次のキーボードを選択

プルアップメニューが開かれたら、「次のキーボード」を選択します。

地球アイコンの長押し

iPhoneのデフォルトのキーボードが開かれたら、もう一度「地球アイコン」を長押しします。

Simejiを選択

プルアップメニューのキーボードの設定が開かれたら、「Simeji」を選択します。

Simejiへの切り替え完了

Simejiキーボードへの切り替えが完了しました。

アプリを終了

上記の設定を行ってもSimejiへの切り替えができない場合は、一度キーボードを利用しているアプリ(ここではGoogle Keep)を終了させてください。

ホームボタンを2回連続で押すと、画面が切り替わります。

利用しているアプリ(Google Keep)を、下から上にスワイプします。

アプリが終了したら、もう一度地球アイコンを長押しして、Simejiへの切り替えを行ってください。