G Tips

Gboardで記号の出し方

  • Release

Gboardを初めてご利用になる方は、記号の出し方に戸惑ってしまうかもしれません。

こちらの記事では、よく利用する記号の出し方をご紹介いたします。

アドレスを入力する際の@(アットマーク)の入力方法をはじめ、半角、全角のスペース入力の方法など、記号の出し方をわかりやすく説明していきます。

@(アットマーク)の入力方法

@(アットマーク)の入力は、数字やアルファベット画面から入力ができます。

+ボタンをタップ

テキストが入力できるアプリを開きます。

こちらではGoogle Keepを開き、「+」ボタンをタップします。

@マークを入力

Gboardが開かれたら、①「☆123」ボタンをタップし、②「0」を長押し「@」が表示される右に指を滑らせフリック入力します。

英数字から@マークを入力

アルファベット画面から入力する場合は、①「ABC」ボタン、②「@#/&_」ボタンと順にタップします。

@マークを変換校から選択

@(アットマーク)が入力できました。

@(アットマーク)の全角、半角、続けてメールアドレスを入力したい場合は、変換候補から選択をしてください。

下矢印ボタンをタップ

Gboardでは、「あっとまーく」とひらがなで入力しても@(アットマーク)の入力が可能です。

「あっとまーく」とひらがなで入力をし、変換候補の「下矢印ボタン」をタップします。

変換候補から選択

変換候補一覧が表示されるので、全角、半角どちらかの@(アットマーク)を選択してください。

ハイフンの入力方法

ハイフンを入力

ハイフンは、数字画面から入力ができます。

「☆123」ボタンをタップし、②「.,-/」を長押し「-」が表示される上に指を滑らせフリック入力をします。

はいふんの変換候補を表示

または、ひらがな入力で「はいふん」と入力し、変換候補の「下矢印ボタン」をタップします。

ハイフンを選択

はいふんの変換候補一覧が表示されるので、入力したい「-」を選択します。

アンダーバーの入力方法

アンダーバーの入力

アンダーバーはアルファベット画面から入力ができます。

「ABC」ボタンをタップし、②「@#/&_」を長押し「_」が表示される右に指を滑らせフリック入力します。

その他

半角スペースの入力方法

iPhone
空白ボタンをタップ

iPhoneでは、ひらがな入力でも空白ボタンをタップすると、半角スペースが入力されます。

Gboardを表示させ、「空白」ボタンをタップしてください。

Android
設定ボタンを選択

Androidでは、ひらがな入力だと全角スペースが入力されます。

ひらがな入力でも、半角スペースで入力したい場合は、設定を変更しましょう。

Gboardを表示させ、「設定」ボタンを選択します。

言語を選択

設定から、「言語」を選択します。

日本語を選択

言語の画面が開かれたら、「日本語」をタップします。

半角スペースの使用をオン

日本語の設定画面が開かれたら、「半角スペースの使用」をタップしオンします。

半角スペースの入力画面

設定が完了し、ひらがな入力でも半角スペースが入力できるようになりました。

全角スペースの入力方法

iPhone
変換候補の空白を選択

上記の「半角スペースの入力方法」で紹介をしたように、iPhoneではひらがな入力でも空白をタップすると、全角ではなく半角スペースが入力されます。

全角スペースを入力したい場合は、ひらがな入力で「くうはく」と入力し、変換候補の「全角スペース」を選択します。

全角スペース入力画面

全角スペースが入力できました。

Android

Androidは、ひらがな入力でスペースボタンをタップすると、全角スペースが入力されます。

ひらがな入力でスペースボタンをタップしても半角スペースが入力される場合は、上記のAndroidの「半角スペースの入力方法」を参照し、設定から「半角スペースの使用」をオフにしてください。

大文字の入力方法

アルファベットを入力

「ABC」ボタン、②入力したい「アルファベット(例:a)」と順にタップします。

切り替えボタンをタップ

「a/A」をタップすると、入力したアルファベットが大文字に切り替わります。