G Tips

Google アカウントの生年月日を適当な嘘を書くと?

  • Release
  • Update

Google アカウントの作成には、必須項目が設定されていて、生年月日もその一つです。

今回こちらでは、Google アカウントの生年月日を適当な嘘を書くとどうなるのか?

困ることはないのか?など、気になる適当な生年月日を入力したその後についてみていきましょう。

Google アカウントの生年月日を適当な嘘を書くとどうなる?

本当の生年月日を入力せず、適当な生年月日を入力してもGoogle アカウントの作成は可能です。

実際に個人情報を収集されたくないという方は、本当の生年月日を入力していない方もいらっしゃるようです。

では、生年月日を適当に設定した場合、困ることはないのでしょうか?

Google アカウントが使えなくなる場合がある

Google アカウントの作成には年齢制限が設けられていて、現在日本では13歳未満の方は、自身のアカウントを作成できません。

また生年月日を変更する場合、間違って13歳未満の生年月日を入力をすると、再度生年月日の変更が促されます。

すでに13歳未満の誕生日で登録した場合、変更には年齢を証明する身分証明書の提示や、クレジットカードでの年齢確認が必要となります。

もし14日以内に生年月日の変更、年齢確認の証明をしなかった場合、アカウントが無効になり、30日後にはアカウント情報が削除されるので注意が必要です。

年齢制限が設けられているサービスがある

YouTube視聴の年齢制限について

YouTubeでは、コンテンツに年齢制限が設定されている場合があり、18歳未満だと視聴できない動画があります。

これは、18歳未満の視聴者にふさわしくないと思われる動画に適用されます。

年齢制限の詳細についてはYouTubeヘルプで確認してください。

さらにYouTubeで動画を作成し収益化を望む場合、18歳以上でなければAdsenseに参加することができません。

一度不承認となると、18歳以上になったとき年齢確認を行い再度Adsenseへの申し込みが必要となるようです。

Google アカウントは、生年月日を適当に入力しても作成は可能です。

ですが、上記のように本人確認が必要となる場合もあります。

不測の事態が起こったときに困らないよう、生年月日の入力を行ってください。