G Tips

グーグル アカウントで生年月日を設定するのはなぜ?

  • Release

グーグルのサービスを利用するためには、 グーグル アカウントの作成が必要です。

そしてグーグル アカウントの作成には、生年月日の入力が必須です。

ではなぜ、グーグル アカウントで生年月日を設定しなければいけないのか?その理由についてみていきましょう。

グーグル アカウントで生年月日を設定するのはなぜ?

アカウント管理の国の年齢制限によるため

Googleは、アカウントに関連付けられた国の年齢制限の条件を満たすため、生年月日の入力が必要だと説明しています。

そのため間違って、13歳未満で入力した場合は、14日以内にアカウントの管理機能の設定、または13歳以上の証明が必要となります。

そのまま放置するとアカウントが無効になり、30日後にはアカウント情報が削除されてしまうので、間違った生年月日を入力してしまった場合は14日以内に訂正をしましょう。

Gmailアプリを選択

iPhoneを使ってGmailから、アカウントの生年月日を変更する方法を説明していきます。

ホーム画面から、「Gmail」アプリを選択します。

プロフィールアイコンをタップ

右上の「プロフィールアイコン」をタップします。

Googleアカウントにアクセスをタップ

「Google アカウントにアクセス」ボタンをタップします。

個人情報を選択

Google アカウントの設定画面が開かれたら、「個人情報」を選択します。

生年月日を選択

基本情報から「生年月日」を選択します。

生年月日の入力

「年」、②「月」、③「日」と順に入力し、③「公開するユーザー(例:自分のみ)」の選択、⑤「保存」ボタンをタップします

生年月日の入力、変更が完了しました。

YouTubeなどサービス提供のため

YouTubeなど特定のサービス提供には、年齢制限が含まれるものがあります。

そのためアカウント作成時に入力した生年月日が利用され、年齢制限のある動画は子供が利用できないようになっています。

安心してGoogleのサービスを受けるために、生年月日の設定が必要と考えられます。

個々にあった広告をカスタマイズするため

Googleのサービスを利用すると広告が表示されます。

広告の表示は広告収入を得るため、そしてサービスを利用している私達には有益な情報、利便性の向上が期待できます。

ユーザーの興味にあった広告を表示するため、または未成年にそぐわない広告を表示させないために、生年月日の利用が行われています。

[Google アカウント 生年月日]の関連記事

Page Top