G Tips

Googleの二段階認証アプリの使い方

  • Release

皆さんは、Googleから提供されている二段階認証アプリ、「Google Authenticator」をご存じでしょうか。

今や日本では子どもたちまでスマートフォンを持つほど普及しており、個人情報保護などの観点で、セキュリティの強化は非常に重要です。

こちらの記事では、そんなセキュリティ面を強化する、二段階認証アプリについてご紹介したいと思います。まだ導入していないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Google Authenticatorとは?

Google Authenticatorは、Googleから提供されている、二段階認証を行うためのトークンソフトウェアです。

Google Authenticatorは、Googleログイン時の二段階認証に必要な6桁の認証コード(ワンタイムパスワード)を発行して本人確認が行えるため、より安全にGoogle アカウントのサービスを利用することができます。

Apple

iPhoneユーザーは、App StoreからGoogle Authenticatorをダウンロードできます。

Google Play

Androidユーザーは、Google PlayからGoogle 認証システムをダウンロードできます。

App Storeで提供されているものと同じアプリです。

Googleの二段階認証アプリの使い方(設定方法)

Google Authenticatorは、Google アカウントと紐づけることで、二段階認証アプリとして機能するようになります。

Google Authenticatorをまずはダウンロードし、その後アカウントと紐づける操作を行う必要がありますが、詳しい手順は、以下のリンクの記事にて紹介している、「機種変更時にGoogle アカウントの二段階認証を引き継ぐ方法」の内容と同様です。

スクリーンショットを交えて紹介していますので、デバイスの操作が苦手という方も、記事内の画面表示の通り進めていくと、簡単に設定ができるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

機種変更したときアプリはどうなる?

スマートフォンなどを機種変更したときは、新しい機種にGoogle Authenticatorのアプリをダウンロードし、上記で紹介しているような設定を行えば、新たな機種でも引き継ぐことができます。

以下のリンクの記事にて、手順をスクリーンショットを交えて紹介していますので参考にしてみてください。

簡単な操作で引き継ぎができるので、機種変更をしてしまった後でも焦らずに、ゆっくりと引き継ぎを行ってみてください。

[Google アカウント 二段階認証]の関連記事

Page Top