G Tips

Google カレンダーを共有する方法

  • Release
  • Update

Google カレンダーの共有機能は非常に便利で、ユーザーの支持を得ている機能の一つです。

今回はそんなGoogle カレンダーの共有機能についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

Google カレンダーの共有設定の仕方

まずはカレンダーの共有設定の仕方について、PCでの共有方法をご紹介します。

メニューを開く

Google カレンダーの画面左下に表示されている「マイカレンダー」から、共有したいカレンダーの「メニュー」アイコンをクリックします。

設定と共有を選択

「設定と共有」を選択します。

ユーザーを追加を選択

「設定」画面が開くので、「+ユーザーを追加」をクリックします。

アドレスの入力

「特定のユーザーと共有」ダイアログボックスが表示されます。

共有したいユーザーのメールアドレスを入力し、②「送信」をクリックします。これで共有先ユーザーに招待メールが届きます。

プルダウン詳細

なお、「特定のユーザーと共有」ダイアログボックスの「権限」をクリックすると、共有先ユーザーの権限の範囲を指定できます。

各権限の詳細は以下の通りです。

権限の種類説明
予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)特定の日時にスケジュールが入っているということだけが共有先に表示されるようになります
予定の表示(すべての予定の詳細)特定の日時に、どんなスケジュールが入っているのかまで、共有先に表示されるようになります
予定の変更共有先ユーザーに、表示だけでなく、スケジュールを変更する権限が与えられます
変更および共有の管理権限共有先ユーザーに、表示、変更だけでなく、スケジュール自体の削除も行える権限が与えられます
送信メール

共有先ユーザーは招待メールを確認し、文面の中の「このカレンダーを追加」をクリックします。

共有完了

これでGoogle カレンダーが開き、共有元ユーザーのスケジュールが表示されていれば共有は完了です。

スマホアプリで共有する

実はスマホアプリでは共有設定はできません。ブラウザでの設定が必要になるので、その詳細を以下の記事に記載しています。

iPhoneで共有する

iPhoneでも上記と同様に、アプリでは共有設定が出来ません。ブラウザを使った方法を、以下の記事に記載しています。

予定だけを共有する

特定のスケジュールだけを共有する方法ももちろんあります。

共有したい予定を選択

共有したい予定をクリックします。

編集アイコンをタップ

「編集」アイコンをクリックします。

<

共有相手を入力

①共有したい相手のメールアドレスを入力し。②「保存」ボタンをクリックします。

共有完了

相手先のカレンダーに予定が入っていれば、共有完了です。

共有可能なURLを取得する

カレンダーはURLでの共有も可能です。手順は以下の通りです。

設定を選ぶ

「設定」アイコンをクリックして、②「設定」を選択します。

設定の中での操作

共有したいカレンダーを選択して、②「共有可能なリンクを取得」をクリックします。

リンクを取得

「カレンダーの共有可能なリンク」ダイアログボックスが開くので、「リンクをコピー」をクリックします。その後、共有先のユーザーへ先ほどのURLを伝えます。

送信を選択

共有先ユーザーがブラウザでURLを開くと、「カレンダーを追加」ダイアログボックスが開くので、「追加」をクリックします。

URLでの共有の完了

これで共有先ユーザーのカレンダーに、スケジュールが共有(表示)されます。

カップルや家族で共有する

カップル同士や、家族同士など、お互いのスケジュールを知っておきたいという場合にGoogle カレンダーは活用できます。

具体的な方法は下記の記事をご覧ください。

グループを使ってカレンダーを共有する

Google カレンダーの共有は、複数人のグループでのスケジュール管理にも役立ちます。

下記の記事内で、家族と共有する方法として書かれている内容を、ビジネスや趣味のグループなどで活用してみてください。

ToDoリスト(タスク)を共有する

Google カレンダーに表示されているToDoリストは、予定のように共有することが出来ません。

対応策としては、Googleアカウント自体を共有するということであれば可能です。

もしくは「Slack」などの作業効率化サービスを利用していただくほうがよいかもしれません。

詳しくは下記のリンクをご確認ください。

リマインダーを共有する

リマインダーは残念ながら、共有することが出来ません。

それぞれ個別に届くリマインダーが届いたら、メールなどで各共有先に連絡するなどして、スケジュールやタスクの抜け漏れを防ぎましょう。

個別のリマインダーの設定方法は以下の通りです。

リマインダーの設定

①カレンダーの表示画面で「作成」ボタンをクリックします。

リマインダーの名前を入力して、③「リマインダー」を選択し、④リマインダーが表示される日時を選択します。

最後に「保存」ボタンをクリックします。

設定完了

これでリマインダーが設定されます。

カレンダーのアクセス権をリクエストする方法

カレンダーの共有は、共有先ユーザーからリクエストすることも可能です。

プラスをクリック

「他のカレンダー」の「追加」アイコンをクリックします。

カレンダーに登録を選択

「カレンダーに登録」を選択します。

リクエスト先を入力

「カレンダーを追加」の欄に、共有してほしいユーザーのメールアドレスを入力します。

項目を選択

「~のカレンダーにアクセスする権利がありません」ダイアログボックスが開くので、「アクセス権をリクエスト」をクリックします。

URLをクリック

リクエスト先のユーザーにメールで通知が届くので、赤枠のURLをクリックします。

ダイアログボックスの操作

「特定のユーザーと共有」ダイアログボックスが表示されます。

共有したいユーザーのメールアドレスを入力し、②「送信」をクリックします。

プルダウン詳細

なお、「特定のユーザーと共有」ダイアログボックスの「権限」をクリックすると、共有先ユーザーの権限の範囲を指定できます。

各権限の詳細は以下の通りです。

権限の種類説明
予定の表示(時間枠のみ、詳細は非表示)特定の日時にスケジュールが入っているということだけが共有先に表示されるようになります
予定の表示(すべての予定の詳細)特定の日時に、どんなスケジュールが入っているのかまで、共有先に表示されるようになります
予定の変更共有先ユーザーに、表示だけでなく、スケジュールを変更する権限が与えられます
変更および共有の管理権限共有先ユーザーに、表示、変更だけでなく、スケジュール自体の削除も行える権限が与えられます
プラスをクリック

Google カレンダーに戻り、「他のカレンダー」の「追加」アイコンをクリックします。

カレンダーに登録を選択

「カレンダーに登録」を選択します。

リクエスト先を入力

「カレンダーを追加」の欄に再び、共有してほしいユーザーのメールアドレスを入力します。

設定からカレンダーに戻る

画面左上の「戻る」アイコンをクリックします。

完了

これでリクエストからのスケジュール共有が完了し、共有元ユーザーのスケジュールにアクセスができるようになります。

通知を共有

Google カレンダーの通知についてのさまざまな情報はこちらの記事をご覧ください。

スマホ、PCなどさまざまな通知についての情報が満載です。

Google カレンダーを共有を解除する方法

カレンダーの共有と合わせて、共有を解除する方法も事前に学んでおきましょう。

予期せぬ操作ミスをしたときなどにも、落ち着いて対処することが出来ます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

共有できない場合

共有の操作ができない場合のトラブルシューティングはこちらの記事をご覧ください。

さまざまな状況に応じた対処法を記載しています。

共有されたカレンダーが表示されない場合

チェックボックスの確認

共有の操作が完了しているのにも関わらず表示されない場合は、画面左下の「他のカレンダー」を確認しましょう。

チェックボックスが外れているカレンダーは表示されません。

[Google カレンダー 共有]の関連記事

Page Top