G Tips

Google Chromeが開かない場合

  • Release

この記事では、Google Chromeが開かない場合の対処法について、デバイス別にご紹介します。

スマホの場合は、メモリ不足が原因になることもあります。

また、パソコンの場合は、ウイルス対策ソフトウェアがGoogle Chromeをブロックしている可能性もありますので、念のため確認しましょう。

Google Chromeが開かない場合

Google Chromeが開かない、起動しない場合、「Google Chrome のプロキシエラー(err_connection_reset_chrome)」や「このウェブページにアクセスできません(err_connection_closedまたはerr_connection_failed)」と表示されることがあります。

その場合の対処法について、次項でデバイス別(スマホ、パソコン)にご紹介します。

スマホでGoogle Chromeが開かない場合

Google Chromeのスマホアプリが開かない場合について、iPhoneとAndroidそれぞれの対処法を説明します。

iPhoneで開かない

アプリのバージョンを確認
App Store

Google Chromeアプリが最新のバージョンになっているか、App Storeで確認しましょう。

バージョンの確認方法は、下記記事の「スマホの場合(iPhone)」でご紹介しています。上記のように「アップデート」と表示されている場合は「アップデート」ボタンをタップしましょう。

アップデート終了後、再度Google Chromeアプリが開けるかご確認ください。

Google Chromeの最新バージョンの確認方法

アプリを閉じる

Google Chromeアプリ以外に他のアプリも開いていることで、iPhoneのメモリが不足している可能性があります。

Google Chromeアプリと他に開いているアプリをすべて閉じて、再度Google Chromeアプリを開いてみましょう。

iPhoneを再起動する

iPhoneのメモリを開放するには、再起動も効果的です。

開いているアプリをすべて閉じてもGoogle Chromeアプリが開かない場合は、iPhoneの再起動もお試しください。

アプリをアンインストールする

Google Chromeアプリをアンインストールし、再度インストールした後でアプリが開くかご確認ください。

Androidで開かない

AndroidのGoogle Chromeアプリが開かない場合の対処法も、iPhoneと同様になります。

アプリのバージョンを確認
Play ストア

Google Chromeアプリが最新のバージョンになっているか、Play ストアで確認しましょう。

バージョンの確認方法は、下記記事の「スマホの場合(Android)」でご紹介しています。上記のように「更新」と表示されている場合は「更新」ボタンをタップしてください。その後、再度Google Chromeアプリが開けるか確認しましょう。

Google Chromeの最新バージョンの確認方法

アプリを閉じる

Google Chromeアプリ以外に他のアプリも開いていることで、Androidスマホのメモリが不足している可能性があります。

Google Chromeアプリと他に開いているアプリをすべて閉じて、再度Google Chromeアプリを開いてください。

Androidスマホを再起動する

Androidスマホでも、再起動によってメモリを開放できます。

開いているアプリをすべて閉じてもGoogle Chromeアプリが開かない場合は、Androidの再起動を行ってください。

アプリをアンインストールする

Androidスマホでは、Google Chromeアプリがあらかじめインストールされていますが、一度アンインストールし、再度インストールしてみましょう。

その後で、Google Chromeアプリが開けるかご確認ください。

パソコンでGoogle Chromeが開かない場合

パソコンでGoogle Chromeが開かない場合について、WindowsとMacそれぞれの対処法を説明します。

Windowsで開かない

タスクマネージャを確認

パソコンのバックグランドですでに起動しているため、Google Chromeが開かない可能性があります。

最新のバージョンでは、バックグラウンドで起動することはなくなっていますが、念のためタスクマネージャーで確認しましょう。

タスクマネージャーの開き方は、下記記事の「ウィンドウを閉じてもバックグラウンドで動作している?」でご紹介しています。

「バックグラウンドプロセス」を確認し、「Google Chrome」または「chrome.exe」が表示されている場合は右クリックし、「タスクの終了」を選択してください。

Google Chromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行するについて


ウイルス対策ソフトウェアを確認

ウイルス対策ソフトウェアがGoogle Chromeをブロックしていることが原因で、開けない可能性があります。

ウイルス対策ソフトウェアを変更した場合は、念のため確認してみましょう。

確認方法は、各ソフトウェアの公式サイトでご確認ください。

Google Chromeをアンインストールする

最終手段となりますが、Google Chromeをアンインストールし、再度インストールしましょう。

Google Chromeのアンインストールから再インストールの手順については、下記記事でご紹介しています。保存しているブックマークがどうなるかについても説明していますので、ご参照ください。

Google Chromeを再インストールする方法

Macで開かない

アクティビティモニタを確認

「MacでGoogle Chromeを開いたのに起動しない」という場合は、起動していないように見えても、バックグラウンドでGoogle Chromeが開いている可能性があります。

その場合、アクティビティモニタからGoogle Chromeのプロセスを停止することで改善する可能性があります。

以下では、MacのアクティビティモニタからGoogle Chromeのプロセスを停止する方法を説明します。

Lunchpadを開く

Launchpadを選択します。

アクティビティモニタで検索して開く

①画面上部の検索フィールドに「アクティビティモニタ」と入力するとアプリが表示されますので、②アクティビティモニタを選択します。

Google Chromeをダブルクリックする

Google Chromeをダブルクリックします。

終了を選択する

「Google Chrome」ダイアログボックスが表示されます。

終了ボタンを押します。

終了ボタンを押す

「このプロセスを終了してもよろしいですか?」ダイアログボックスが表示されます。

「終了」は、安全に終了できる場合のみプロセスの終了を実行します。失われるデータがある/他アプリに干渉する場合、プロセスは終了できません。

「強制終了」は、プロセスを即座に終了します。開いているファイル等がある場合、データが失われる可能性があります。

ここでは例として、終了ボタンを押します。

終了できた

「Google Chrome」ダイアログボックスを見ると、終了の文字が追加されていることを確認できます。

これでプロセスの終了が完了しましたので、MacでGoogle Chromeを再度開き、問題なく起動できるか確認してみてください。

ウイルス対策アプリを確認

Macにインストールされているウイルス対策アプリが、Google Chromeの起動を妨げている可能性もあります。

ウイルス対策アプリが原因で開けない場合は、一度アプリを停止してGoogle Chromeができないか確認をしてみてください。

アプリの停止方法については、各アプリの公式サイトをご確認ください。

Google Chromeをアンインストールする

上記の方法を試しても開かない場合は、Google Chromeをアンインストールし、再度インストールを行いましょう。

MacでGoogle Chromeをアンインストールする方法については、以下の記事「Macでアンインストールする」セクションをご参照ください。

Google Chromeをアンインストールする方法

Google Chromeのアンインストールが完了したら、以下の記事を参考に再インストールを行いましょう。

M1(Appleシリコン)搭載のMac/MacBookにインストールする方法もあわせてご紹介しています。

MacでGoogle Chromeをダウンロード・インストールする方法

このページを見ている人におすすめの商品