G Tips

Google Chromeのタブ表示やタブの復元について

  • Release

この記事では、Google Chromeのタブ表示やタブの復元など、タブに関する情報をまとめてお届けします。

タブの設定方法の中には、ショートカットキーで操作できるものもあります。マウスを使わなくてもタブの操作ができるようになりますので、覚えておくと便利です。

Google Chromeのタブ表示について

デバイス別に、Google Chromeのタブ表示を見てみましょう

PC

PCのタブ表示

PCのGoogle Chromeのタブ表示は、上記のようになっています。

現在のバージョンでは、開いていないタブにマウスオーバーすると、そのページのプレビュー画面が表示されます。

iPhone

iPhoneのタブ表示

iPhoneのGoogle Chromeアプリでは、上記のようにタブが表示されます。

Android

Androidのタブ表示

AndroidのGoogle Chromeアプリでのタブ表示は、iPhoneとほとんど変わりません。

タブ表示が変わった?

Chrome flags

Google Chromeのアップデートにより、タブ表示が変わることがあります。

過去には、PCのGoogle Chromeのタブの見た目が変わった、AndroidのGoogle Chromeアプリのタブ一覧の表示が変わったなど、話題になったことがありました。

元に戻す方法としては、Google Chromeの設定で行う、Chrome flagsにアクセスして行うなどがありますが、必ずしもタブ表示を元に戻せるとは限りません。

その場合は、新しいタブ表示に慣れるしかないでしょう。

PCの閉じたタブの復元について

閉じてしまったタブを復元する方法は、数種類あります。ご自身が使いやすい手順で覚えておきましょう。

ショートカットキーを使う

Ctrl+Shift+Tを押す

ショートカットキー「Ctrl+Shift+T」を押します

復元したタブの表示

一つ前に開いていたタブが復元されます。それよりも前に開いていたタブを復元するには、下記の「履歴で行う」の手順の方が早く復元できます。

「+」アイコンを使う

+で右クリック

「+(新しいタブ)」アイコンにマウスオーバーし、右クリックします。

閉じたタブを開くを選択

メニューが表示されますので、「閉じたタブを開く」を選択します。

復元したタブの表示

一つ前に開いていたタブが復元されます。それよりも前に開いていたタブを復元するには、下記の「履歴で行う」の手順の方が早く復元できます。

履歴で行う

復元するタブを選択

「︙」をクリックし、②「履歴」を選択します。「最近閉じたタブ」の一覧が表示されますので、③「復元するタブ」を選択します。

同期設定を行っている場合は、スマホで閉じたタブも表示されます。

復元したタブの表示

復元したタブが表示されます。

スマホ(Android)の閉じたタブの復元について

︙をタップ

「︙」をタップします。

最近使ったタブを選択

メニューが表示されますので、「最近使ったタブ」を選択します。

復元するタブを選択

「最近閉じたタブ」が表示されますので、復元するタブを選択します。

復元したいタブが表示されない場合は、「全履歴を表示」を選択してください。

復元したタブの表示

復元したタブが表示されます。

タブの設定について

Google Chromeのタブは、色を変更したり、グループ化するなど、さまざまな設定が可能です。ここでは、Windowsでの手順をご紹介します(今回はGoogle Chromeのバージョン104で説明しています)。

タブの色を変更する

Chromeをカスタマイズをクリック

Google Chromeを開き、「Chromeをカスタマイズ」をクリックします。

色とテーマを選択

「このページをカスタマイズ」ダイアログボックスが表示されますので、「色とテーマ」を選択します。

完了ボタンをクリック

「色」を選択し、②「完了」ボタンをクリックします。色を選択すると、どのような色に変更されるのか表示されますので、いろいろ試してみましょう。

「カスタム色」を選択すると、自分で色をアレンジできます。

色を変更後のタブ

タブの色が選択した色に変更されます。

タブを非表示にする

全画面表示

Google Chromeで上記のように全画面表示にすると、タブを非表示にできます。

Google Chromeで全画面表示にする方法は、下記記事で説明しています。解除する方法もご紹介していますので、ご参照ください。

Google Chromeを全画面表示する方法と解除方法

タブをグループ化する(まとめる)

タブを新しいグループに追加を選択

例として、上記の4つのタブをグループ化する手順をご紹介します。

いずれかのタブで右クリックし、②「タブを新しいグループに追加」を選択します。

色を選択

タブがグループに追加されました。

デフォルトでは色はグレーが選択され、グループ名は入っていません。設定するには、①「グループ名」を入力し、②「色」を選択します。

追加するグループを選択

グループ名を入力すると、上記のように表示されます。

他のタブをグループに追加するには、①追加するタブで右クリックし、②「タブをグループに追加」、③「追加するグループ」を順に選択します。

タブをグループにドラッグして追加することも可能です。

タブがグループに追加完了

グループに追加されました。残りのタブも同様にグループに追加します。

グループを閉じるを選択

グループ化したタブを閉じるには、①グループ化したタブで右クリックし、②「グループを閉じる」を選択します。

タブを縦に多段にする

Chromeに追加ボタンをクリック

Google Chromeの標準機能では、タブを縦に多段にすることはできません。そのため、ここでは拡張機能「Vertical Tabs」を使う方法をご紹介します。

Chrome ウェブストアへアクセスし、「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

拡張機能を追加をクリック

『「Vertical Tabs」を追加しますか?』ダイアログボックスが表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

タブが縦に多段に表示

別のタブが開き、現在開いているタブが縦に多段に表示されました。

追加したタブの表示

新しいタブでウェブサイトを表示すると、そのタブも縦に追加されて表示されます。

タブを固定する

固定を選択

固定したいタブで右クリックし、②「固定」を選択します。

固定したタブの表示

タブの一番左に固定されます。固定したタブは他のタブより小さく、サイトのアイコンのみ表示されます。

固定を解除を選択

固定を解除するには、①固定したタブで右クリックし、②「固定を解除」を選択します。

タブの固定解除

タブの固定が解除されました。

タブを保存する

開いているタブを保存して、起動時に開く

Google Chromeでは、前回終了時に開いていたページを、起動時にもう一度開くように設定することが可能です。

その設定方法については、下記記事の「起動時のページを設定する」でご紹介しています。記事の中では特定のページを指定していますが、「前回開いていたページを開く」を選択すれば、開いていたタブが表示されます。

Google Chromeの起動・再起動について

ブックマークに保存する
すべてのタブをブックマークに追加を選択

Google Chromeは、開いているタブを一括でブックマーク登録することができますので、その手順をご紹介します。

「︙」をクリックし、②「ブックマーク」、③「すべてのタブをブックマークに追加」の順に選択します。

ショートカットキー「Ctrl+Shift+D」でも可能です。

保存ボタンをクリック

「すべてのタブをブックマークに追加する」ダイアログボックスが表示されますので、①「フォルダ名」を入力し、②保存するフォルダを選択し、③「保存」ボタンをクリックします。例として、「ブックマークバー」を選択します。

保存したタブの表示

今回の例では、ブックマークバーにフォルダが表示され、クリックすると保存したタブが表示されます。

すべてのタブを開くには、この記事の「ブックマークからタブを一気に開く方法」をご参照ください。

タブの切り替えについて

タブの切り替えは、ショートカットキーを使って行うのが早くて便利です。

タブの切り替えに関するショートカットキーについては、下記記事の「タブを切り替えるショートカットキー」でご紹介しています。

開いているタブの左右への切り替えや、特定のタブへ切り替えるためのショートカットキーなどを説明していますので、お試しください。

Google Chromeで使えるキーボードショートカットキー

シークレットタブを開く方法

PCでシークレットウィンドウ、iPhoneおよびAndroidでシークレットタブを開く方法は、下記記事でご紹介しています。

シークレットタブとシークレットウィンドウでは、閲覧履歴とCookieとサイトデータ、フォームに入力した情報がGoogle Chromeに保存されないようになっています。

Google Chromeのシークレットモードについて

ブックマークからタブを一気に開く方法

すべてを開くを選択

Google Chromeを開き、①ブックマークバー上の何も表示されていないところで右クリックし、②「すべて(○個)を開く」を選択します。

フォルダに保存したブックマークを一気に開く場合は、そのフォルダ上で右クリックしてください。

一気に開いたタブ

今回の例では、4個のタブが一気に開きました。

タブの数が多い場合は、読み込みに時間がかかります。

新しいタブについて

新しいタブに関するさまざまな設定方法をご紹介します。

新しいタブで開くときのホームページ設定方法(Googleにしたい場合)

新しいウィンドウを開いた時に、常に新しいタブページを表示させるように設定し、さらにカスタマイズすることも可能です。

起動ページの設定方法は、下記記事の「起動時のページを設定する」でご紹介しています。設定候補の中から「新しいタブページを開く」を選択しましょう。

Google Chromeの起動・再起動について

また、新しいタブページの背景を変更する方法は、下記記事の「ホーム画面をカスタマイズ(変更)する方法」でご紹介しています。選択できるコレクションの数も多いので、好みの背景に設定してみましょう。

Google Chromeのホーム画面の設定について

新しいタブページにショートカットを作成する方法については、下記記事でご紹介しています。簡単に追加・削除できますので、ご参照ください。

Google Chromeのホーム画面にショートカットを作成する方法

検索結果を新しいタブで開く方法

設定アイコンをクリック

Google Chromeで検索結果を表示し、「設定」アイコンをクリックします。

すべての設定を表示をクリック

メニューが表示されますので、「すべての設定を表示」をクリックします。

保存ボタンをクリック

検索の設定画面が表示されますので下へスクロールし、①結果ウィンドウの「選択された各結果を新しいブラウザウィンドウで開く」にチェックマークを入れ、②「保存」ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

「www.google.comの内容」ダイアログボックスが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。

Chromeをダウンロードをクリック

検索結果画面に戻ります。例として、「Chromeをダウンロード」をクリックします。

検索結果の表示

検索結果が新しいタブで表示されます。

新しいタブで開かないようにする方法

検索結果を新しいタブで開かないようにするには、上記の「検索結果を新しいタブで開く方法」の手順で「選択された各結果を新しいブラウザウィンドウで開く」のチェックマークを外し、「保存」ボタンをクリックしてください。

タブに関する拡張機能の紹介

拡張機能の中には、タブに関するものもたくさんあります。その中からおすすめのものをご紹介します。

タブを整理する

One Tab

One Tabは、タブを整理して、Google Chromeのメモリ使用量を減らすことができる拡張機能です。

たくさん開いたタブをリスト化して、効率よく使うことができます。

1つの画面に複数のページを表示する

Tab Resize - split screen layouts

Tab Resize – split screen layoutsは、1つの画面で複数のページ(縦2画面、横2画面、4画面)を表示させることができる拡張機能です。

同時にタブを開いて内容を見たい場合などに便利です。

垂直タブにする

この記事の「タブを縦に多段にする」で、垂直タブにする拡張機能「Vertical Tabs」をご紹介していますので、ご参照ください。

タブを削除する方法

✕をクリック

開いているタブを削除するには、「✕」をクリックします。

ショートカットキー「Ctrl+W」でも可能です。

複数のタブを削除する

他のタブをすべて閉じるを選択

複数のタブをまとめて削除したい場合は、①残すタブで右クリックし、②「他のタブをすべて閉じる」を選択します。

「右側のタブを閉じる」を選択すると、残すタブの右側のタブをまとめて削除できます。

タブが消える場合

万が一タブが消えてしまっても、タブを復元することは可能です。その手順はこの記事の「PCの閉じたタブの復元について」でご紹介していますので、ご参照ください。

タブをたくさん開いていることで、メモリの使用量も多くなります。そのため、タブが消えるケースも少なからず発生します。

このページを見ている人におすすめの商品