G Tips

Google 日本語入力の変換がおかしい場合

  • Release

語彙が豊富で便利な補完機能があり、使い勝手のよいGoogle 日本語入力ですが、利用していると変換がおかしいと感じることがありませんか?

今回は、Google 日本語入力の変換がおかしい場合の対処方法について、ご紹介をいたします。

操作方法は、とても簡単ですのでぜひお試しください。

Google 日本語入力の変換がおかしい場合

入力履歴を削除

Google 日本語入力の変換は、最後に入力した文字が変換予測の一番上に表示されます。

そのため、間違った文字を入力すると、その文字が一番最初に表示されてしまい、使い勝手がよくありません。

また間違った文字入力は、そのまま記録され変換履歴に残ってしまうので、常に変換候補に表示されます。

このようなことが原因で、変換がおかしいと考えられる場合は、一度入力履歴を削除してみましょう。

言語を右クリック

タスクバーの「言語ボタン」を右クリックします。

プロパティを選択

プルアップメニューが表示されたら、「プロパティ」を選択します。

全入力履歴を削除をクリック

Google 日本語入力 プロパティが開かれたら、①「サジェスト」を選択し、②「全入力履歴を削除」ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

ダイアログボックスが開かれたら、内容を確認し「OK」ボタンをクリックします。

これで入力履歴が削除されました。

抑制単語の登録

普段利用しない単語が変換候補に出てくる場合は、抑制単語の登録をしましょう。

言語を右クリック

タスクバーの「言語ボタン」を右クリックします。

単語登録を選択

プルアップメニューが開かれたら、「単語登録」を選択します。

単語、読み、品詞を入力

単語登録のダイアログボックスが開かれます。

①「単語」②「読み」と順に入力し、③品詞をクリックします。

抑制単語を選択

品詞のダイアログボックスが開かれます。

下にスクロールし、「抑制単語」を選択します。

OKIボタンをクリック

「OK」ボタンをクリックすると、抑制単語の単語登録が完了です。

変換候補一覧の表示

「たんじょうび」と入力したところ、「卓上火」の単語が変換候補に表示されなくなりました。

このページを見ている人におすすめの商品

ロジクール ワイヤレスキーボード K295GP 静音 防水 キーボード 無線 Unifying K295 windows chrome グラファイト 国内正規品

ロジクール ワイヤレスキーボード K295GP 静音 防水 キーボード 無線 Unifying K295 windows chrome グラファイト 国内正規品

Logicool(ロジクール)

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\毎月1日はワンダフルデー 全ショップポイント3倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報