G Tips

Google 日本語入力の変換について

  • Release

Google 日本語入力をご利用の方へ、変換について詳しくご紹介を致します。

変換候補の表示位置や、表示される順番、Google 日本語入力をさらに便利に利用するための設定について、また誤変換などの困ったときの対処方法も、こちらを参考になさってください。

手順を交えて、わかりやすく説明をしていきます。

Google 日本語入力の予測変換について

変換候補の位置を調整する

残念ながら現在、変換候補の位置を自由に調整する方法はありません。

ディスプレイの表示倍率を変えた後に、入力文字と変換候補の位置が重なるなどの不具合が生じる場合は、下記の方法をお試しください。

テキスト サービスの入力言語の切り替え

変換候補の位置がいつもと違う時は、一度IMEの切り替えを行ってみましょう。

Google 日本語入力を選択

Windows + Space キーでIMEの切り替えができます。

一度、Google 日本語入力以外のIMEを選択し、再度Google 日本語入力に切り替えて、不具合が解消されるか確認をしてください。

再起動する

変換候補の表示位置の不具合は、PCの再起動で解消される場合があります。

日本語入力の切り替えを試しても不具合が解消されないときは、再起動を行ってみてください。

Google 日本語入力 レンダラーのタスクの終了

変換候補の位置の不具合は、Google 日本語入力 レンダラーのタスクの終了からも解消が可能です。

Google 日本語入力 レンダラーを右クリック

Ctrl + Shift + Esc キーで、タスク マネージャーを表示します。

「プロセス」を選択し、②「Google 日本語入力 レンダラー(32…」を右クリックしてください。

タスクの終了を選択

ダイアログボックスが開かれたら、「タスクの終了(E)」を選択します。

これで操作は完了です。不具合が解消されているか確認をしてください。

変換候補の順番を調整する

変換候補の順番を、自分好みに設定したり、調整することは現在できません。

ですが、学習機能を有効にし、よく利用する単語やフレーズを変換候補の一番上へと表示することは可能です。

言語を右クリック

タスクバーにある「言語」ボタンを右クリックします。

プロパティを選択

プルアップメニューが開かれたら、「プロパティ」を選択します。

学習機能をクリック

Google 日本語入力 プロパティが開かれたら、①「辞書」を選択し、②「学習機能」をクリックします。

有効を選択

ダイアログボックスが開かれたら、「有効」を選択します。

OKボタンをクリック

学習機能が有効になっていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

これで、学習機能の有効設定が完了です。

予測変換が邪魔なので削除する

予測変換が必要ないという方は、表示が邪魔だと感じるかもしれません。

予測変換を表示させたくない場合は、以下の方法で表示をオフにしてください。

サジェストのチェックを外す

Google 日本語入力 プロパティを開きます。

プロパティの画面を開くまでは、上記の「変換候補の順番を調整する」を参考にしてください。

プロパティの画面が開いたら、①「サジェスト」を選択、②サジェストの種類の「チェックマークボタン」をクリックし、チェックマークを外します。

OKボタンをクリック

サジェストの種類にチェックマークがついていないことを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

予測変換が表示オフが完了

文字をを打ち込んでも、予測変換が表示されなくなりました。

リアルタイム変換をオンにする

リアルタイム変換は、Google 日本語入力の変換エンジンによって、文字入力中にリアルタイムで行われる予測変換のことをいいます。

リアルタイム変換をオンにして、さらに予測変換を便利に活用しましょう。

リアルタイム変換とOKボタンをクリック

Google 日本語入力 プロパティを開きます。

サジェストの画面を表示させるまでは、上記した「予測変換が邪魔なので削除する」をご参照ください。

①リアルタイム変換を有効にするの「チェックマークボタン」、②「OK」ボタンと順にクリックします。

これで、リアルタイム変換の設定が完了しました。

再変換機能をオンにする

現在、Google 日本語入力では、デフォルトの状態で再変換機能の利用ができます。

再変換する方法

再変換したいテキストを選択して、「変換」キーを押します。

変換候補が表示され、再変換が可能です。

テキストを選択し、変換キーを押しても再変換ができない場合は、プロパティのキー設定を確認してみましょう。

一般から編集をクリック

Google 日本語入力 プロパティを開きます。

プロパティの画面を開くまでは、上記の「変換候補の順番を調整する」を参考にしてください。

プロパティが開かれたら、①「一般」を選択し、②キー設定の選択の「編集…」をクリックします。

コマンドの再変換を確認

コマンドに再変換があること、再変換の入力キーも確認しましょう。

編集をクリック

コマンドに再変換がない場合は、「編集」をクリックします

エントリーを追加

プルダウンメニューが開かれたら、「エントリーを追加」を選択します。

セルを3回クリック

Google 日本語入力 キー設定のダイアログボックスが開かれます。

モードの「セル」を3回クリックします。

直接入力を選択

ダイアログボックスが表示されるので、「モード」(例:直接入力)を選択します。

入力キーのセルを3回クリック

入力キーの「セル」を3回クリックします

割り当てるキーの入力

キーバインディング設定のダイアログボックスが開かれるので、①「割り当てるキー(例:変換キー)」をキーボードで入力し、②「OK」ボタンをクリックします。

コマンドのセルを3回クリック

コマンドの「セル」を3回クリックします。

再変換を選択

ダイアログボックスが開かれるので、「再変換」を選択します。

OKボタンをクリック

モード、入力キー、コマンドの入力が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。

注意喚起のOKボタンをクリック

モードで直接入力を選択した場合、Google 日本語入力 キー設定のダイアログボックスが開かれます。

「OK」ボタンをクリックしてください。

一般のOKボタンをクリック

Google 日本語入力 プロパティの画面に戻ったら、「OK」ボタンをクリックして、設定が完了です。

再起動を行い、再変換機能を利用できるか確認してください。

勝手に変換されてしまう(入力補助)場合

入力補助は、英字で表示したい単語を、間違ってひらがなで打ち込んだ時、本来表示したい英単語で表示してくれる便利な機能です。

例えば、ひらがなで「ごおgぇ」と打った場合、「Google」と変換してくれます。

このように便利な機能の入力補助ですが、勝手に変換されてしまうと、使いにくさを感じる場合もあるようです。

入力補助が不要なときは、設定を変更してください。

チェックマークボタンをクリック

入力補助の設定は、Google 日本語入力 プロパティで変更できます。

プロパティの画面を開くまでは、上記の「変換候補の順番を調整する」を参考にしてください。

プロパティが開かれたら、①「入力補助」を選択し、②解除したい入力補助の「チェックマークボタン」をクリックし、チェックを外します。

OKボタンをクリック

設定を確認し、「OK」ボタンをクリックします。

変換候補の表示

「もしかして」と英単語の候補も表示されますが、勝手に変換はされません。

誤変換する場合

予測変換に、以前間違って入力した単語やテキストが候補として表示されると、誤変換に繋がります。

不要な単語やテキストは、予測変換候補から削除しておきましょう。

予測変換削除

不要な予測変換が表示されたら、Ctrl + Del キーを押して、履歴から削除します。

不要な履歴の削除完了

予測変換から、不要な履歴が削除されました。

予測変換以外の誤変換については、下記の「変換がおかしい場合」で説明をしていまので、ご参照ください

変換がおかしい場合

Google 日本語入力を使っていて、変換がおかしい、いつもと違う変換が表示されるなどの場合は、入力履歴の削除や抑制単語の登録を行いましょう。

下記の記事では、手順を追ってわかりやすく説明をしています。

ぜひ、参考になさってください。

Google 日本語入力の変換がおかしい場合