G Tips

Google Meetの入室許可の設定方法

  • Release

この記事では、Google Meetで入室許可を設定できる条件、クイックアクセス機能を使って招待メンバーの入室許可を設定する方法について解説します。

また、招待されていないメンバーが入室した時の通知をオフにすることについても説明します。

Google Meetの入室許可を設定できる条件

Google Meetの会議主催者は、クイックアクセス機能を使用して、「招待されている参加者」に参加リクエストを必須にするかどうかを指定することができます。

Google Meetの無料版の場合、会議画面にクイックアクセスが表示されず使用できません。

クイックアクセス機能を利用できるのは、以下の有料版のプラン(Google Workspaceなど)を契約する必要があります。

  • G Suite Basic
  • G Suite Business
  • Essentials
  • Business Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Frontline
  • Workspace for Educationのすべてのエディション

Google Meetの無料版、Google Workspace Individualは対象外ですのでご注意ください。

有料版のプラン(Google Workspaceなど)を契約することについて検討されたい場合、以下の記事の「有料版への申込み」セクションを参照してください。

Google Meetのノイズキャンセルについて

Google Meetの入室許可の設定方法

入室許可をありにする

入室許可をなしにする

Google Meetで招待されている参加者の入室許可を「あり」にするには、クイックアクセスをオフにする必要があります。

主催者用ボタンを選択し、②クイックアクセスをオフにして完了です。

アクセス許可あり

クイックアクセスをオフにしておくと、ゲストが参加をリクエストした際に「この通話への参加をリクエストしているユーザーがいます」ダイアログボックスが表示されます。

入室許可をする際は、承諾を押します

入室許可をなしにする

入室許可をありにする

Google Meetで招待されている参加者の入室許可を「なし」にするには、クイックアクセスをオンにする必要があります。

主催者用ボタンを選択し、②クイックアクセスをオンにして完了です。

アクセス許可なし

クイックアクセスをオンにすると、ゲストから参加リクエストがあったときに「…外のユーザーである…さんが参加しました」というメッセージが表示され、許可を求めるダイアログボックスが現れなくなります。

入室通知をオフにする方法

上記では、クイックアクセス機能を使用してGoogle Meetで「招待されていない参加者」の入室許可を行うか行わない方法について解説しました。

しかし、招待されていないユーザーを含むすべてのユーザーに対して、入室許可通知そのものをオフにすることはできません(2022年10月11日現在)。

Google Meet™の自動承諾

Google Chromeに「Google Meet™の自動承諾」という拡張機能がありましたが、インストール後にグレーアウトされており、Google Meetでの入室通知のオフ(自動承諾)が機能しませんでした。

多くのメンバーでGoogle Meetで会議を行う際は、クイックアクセス機能を利用して全員招待して会議を行うようにしましょう。

主催者が参加者を招待する方法については、以下の記事を参照してください。

Google Meetの会議の招待方法(招待メールの送り方など)

このページを見ている人におすすめの商品