G Tips

Google Meetの挙手ボタンについて

  • Release

この記事では、Google Meetの挙手ボタンについて詳しくご紹介します。

Google Meetで挙手する方法だけでなく、参加者の挙手を主催者が下ろす方法も解説します。

さらに、タブレット(iPad)で挙手ボタンが表示されない時の対処法も説明します。

Google Meetの挙手ボタンについて

複数のメンバーがGoogle Meetで会議を行っている際、メンバーの誰かに発言を求める機会がよくあります。

Google Meetには、参加者が挙手ボタンを押すことで、会議のメンバー全員に対して発言の意思を示すことができる機能があります。

下記では、Google Meetの挙手ボタンの使い方について解説します。

Google Meetで挙手する方法

Google Meetの会議中に挙手をする方法は、以下の通りです。

作業時間:1分

挙手するを選択する

挙手ボタンを押す

Google Meetで複数人での会議を行っています。ここでは、ゲスト(例:山田太郎)が画面下の挙手するを選択します。

挙手中であることを確認する

あなたを確認する

挙手中のアイコン(2ヵ所)になったことを確認します。

主催者がゲストの挙手を確認する

挙手を確認する

ここで、主催者の会議画面を見てみましょう。画面右下に「山田太郎さんが挙手しています」のメッセージが表示されました。ゲスト(例:山田太郎)が挙手できたことが確認できました。

Google Meetで挙手を下げる方法

Google Meetでは、主催者がゲストの挙手を下げることができます。しかし、ゲストが他のゲストや主催者の挙手を下げることはできません。

下記では、主催者がゲストの挙手を下げる方法について説明します。

キューを開く

主催者の会議画面を確認すると、画面右下に「山田太郎さんが挙手しています」と表示されています。

キューを開くを選択します。

手のアイコンを選択する

「ユーザー」画面が表示されました。

手のアイコンをマウスオーバーします。

下げるボタンを押す

アイコンが「下げる」に変わったので、下げるボタンを押します

挙手のユーザーが見えなくなる

挙手中のユーザー(例:山田太郎)が画面から消えました。

手を下げたことを確認する

「主催者の方があなたの手を下げました」のメッセージが画面左下に表示されました。

主催者がゲストの挙手を下げることができました。

タブレットで挙手ボタンが表示されない

タブレット(iPad)で挙手ボタンが表示されない場合、iOSとGoogle Meetアプリを最新にしてみましょう。

iOSとGoogle Meetアプリを最新にする方法については、以下の記事の「iOSを最新にアップデートする」または「アプリを最新にアップデートする」セクションを参照してください。

Google Meetの背景が設定できない場合

それでも挙手ボタンが表示されない場合は、Google ヘルプにお問い合わせください。

このページを見ている人におすすめの商品