G Tips

Google Meetのホワイトボードの使い方

  • Release

この記事では、Google Meetで使用するホワイトボード(Google Jamboard)の意味、機能、使い方について説明します。

なお、ホワイトボードはiPadのGoogle Meetでも使用できますが、いくつかの注意点がありますので、そちらも詳しく解説します。

Google Meetのホワイトボード機能とは?

Google Meetには、ホワイトボード機能があります。

ホワイトボード機能とは、Web上のスペースにホストのみ、またはゲストとの双方向で編集/閲覧ができる機能です。

従来の物理的なホワイトボードと同様に、文字や言葉だけでは伝わらない情報を図や手書き文字などで表現することができ、情報やアイデアの共有が容易になります。

ホワイトボード

Googleには、Google Jamboardと呼ばれるオンラインホワイトボード機能があり、Google Meetと連携が可能です。

Google Jamboardの機能については、以下を参照してください。

Google Jamboardの機能内容
ペンペン、マーカー、蛍光ペン、ブラシから種類を選択し、色を決めたら、指またはタッチペンで描画します
消去指またはタッチペンで描画を消去します
選択ペンツールで作成したオブジェクトや描画を選択します
付箋アイデアメモ、意見・感想、補足・追記などがある場合、付箋形式でコメントを残します
画像を追加デバイスに保存している画像、URL、カメラ、Google 画像検索、Google Drive、Google フォトから画像を挿入します
円だけでなく、正方形、三角形、ひし形、角丸四角形、半円、帯、矢印も描画できます
テキストボックステキストボックスを挿入し、文字を入力します
レーザーレーザー ポインタを選択して、指またはタッチペンでボード上のアイテムを一時的にハイライト表示します

詳しい使い方については、以下のセクションを参照してください。

Google Meetのホワイトボード機能の使い方

Google Meetのホワイトボード機能の使い方を解説します。ホストがホワイトボードを設定し、ゲストと共有・描画する方法について説明します。

作業時間:1分

ホストの会議画面でホワイトボードを選択する

ホワイトボードの選択を行う

Google Meetの会議の主催者(ホスト側)が、会議画面を開きます。①...、②ホワイトボードの順に選択します。

新しいホワイトボードを開始を選択する

新しいホワイトボードの開始を選択する

ここでは、新しいホワイトボードを開始を選択します。

ほかのユーザーと共有を選択する

ほかのユーザーと共有を選択して続行

ほかのユーザーと共有を選択し、②続行をタップします。相手にホワイトボードの編集権限を与えず閲覧権限だけ与えるには、上図の「編集者」プルダウンを選択し、「閲覧者」に変更してください。

ホスト側のGoogle Jamboardが開く

ホワイトボードが開く

Google Jamboardが開きました。

ホストから送られてきたリンクを開く

リンクを開く

ゲスト側の会議画面です。①全員とチャットを選択し、②ホストから送られてきたリンクを開きます

ゲスト側のGoogle Jamboardも開く

ホワイトボードが開く

ゲスト側のGoogle Jamboardも開きました。

ペンおよび色の種類を選択する

ペンの種類と色を選択する

ここでは、①描画の種類からペンを選択します。②ペンの種類からペンを選択します。③色の種類から赤を選択します。

ホスト側から描画する

ホスト側から描写を行う

ホスト側から描画します。

ゲスト側から描画する

ゲスト側から描写を行う

ゲスト側から描画します。ホスト・ゲストから描画したものが共有されました。

iPadでホワイトボード機能を使う

iPadでホワイトボードの機能を使うこともできます。

ただし、iPadの会議画面にはGoogle Jamboardを開くコマンドが存在しないので、ホスト側からJamboardのリンクをもらう必要があります。

iPadでGoogle Meetで会議を行いながらJamboardを閲覧・編集する場合は、iPad側がゲストとして参加するようにしましょう。

また、iPadにGoogle Jamboardのアプリをインストールしておく必要がありますので、App Storeからインストールを行ってください。

以下では、iPadでホワイトボード機能を使う方法について説明します。

すでにホスト(PC側)とゲスト(iPad側)が会議中で、ホスト側がユーザーとの共有設定をした段階からのiPad側の操作方法について解説します。

ホスト側がゲスト側とJamboardのユーザー共有する方法について知りたい場合は、上記「Google Meetのホワイトボード機能の使い方」セクションを参照してください。

iPad会議中

ゲスト(iPad側)がホスト(PC側)と会議を行っている状態です。

ホスト(PC側)がゲスト(iPad側)に対し、Jamboardのユーザー共有設定をすでに行いました。

ゲスト(iPad側)で、…を選択します。

通話中のメッセージ

通話中のメッセージを選択します。

リンクを開く

ホスト(PC側)から送られてきたリンクを選択します。

ペンを選択する

Jamboardが開きました。

画面右下のペンのアイコンを選択します。

ペンのアイコンを選択する

描画の種類から、ペンを選択します。

ペンの種類と色を選択する

ここでは、①ペンの種類(例:マーカー)、②色の種類(例:黄色)の順に選択します。

描画を行う

iPadの画面上で、指やApple Pencilを使って描画します。

Apple Pencilにご興味がある方は、以下のモールでご購入すれば、ポイントが付いてお得です。Apple Pencilを購入する際は、お使いのiPadの機種との互換性にご注意ください。

描画がホストにも反映される

ホスト(PC側)のJamboardにも、iPadの描画が反映されました。