G Tips

Google Nest WifiはWi-Fi 6やv6プラスに対応している?

  • Release
  • Update

Google Nest Wifiが、Wi-Fi 6やv6プラスに対応しているかどうかご存じでしょうか。

こちらの記事をご覧の方には、そもそもWi-Fi 6とはどういったものなのか、分からないという方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、Wi-Fi 6やv6プラスの説明と、Google Nest Wifiが対応しているのか、有効化するにはどうすればよいのかということについて解説したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Google Nest WifiはWi-Fi 6に対応している?

Wi-Fi 6とは、今までよりもスマホやパソコンのデータ通信をサクサク行うことができる、Wi-Fiの規格のことです。

Wi-Fi 6は最新のWi-Fi規格で、「IEEE 802.11ax」が正式な規格名です。Wi-Fi 5に比べると、およそ4倍~10倍も情報を処理するスピードが速くなるといわれています。

Wi-Fi 6を利用するには、「端末(スマートフォン・タブレット・パソコンなど)」「Wi-Fiルーター」「ネット回線」という3つの要素が揃っている必要があります。

技術仕様

Nest Wifiの技術仕様を確認すると、「IEEE 802.11ax」が記載されていないためGoogle Nest WifiはWi-Fi 6に対応しておりません

※記事公開時、Google Nest WifiはWi-Fi 6に対応していると記載しておりましたので、当該部分を訂正させていただきました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。再発防止に努めてまいりますので引き続きよろしくお願い申し上げます(2022年5月12日)。

Google Nest WifiでIPv6を有効化する

Google Nest WifiでのIPv6の有効化方法は、以下の記事にて、詳しく紹介しています。

ちなみに、「Wi-Fi 6」と「IPv6」は同じと勘違いされやすいですが、違うものです。

「Wi-Fi 6」は通信速度の規格のことであり、IPv6は通信方法の規格のことです。

IPv6での接続を可能にするには、プロバイダとの契約内容も関わってきます。

以下の記事にて紹介するGoogle Nest Wifi本体の設定の前に、現在のプロバイダとの契約内容で、IPv6での接続が可能かどうかも確認するようにしましょう。

Google Nest Wifiの設定方法(設定できない場合の対処も)

Google Nest Wifiはv6プラスに対応している?

「v6プラス」とは、IPv4のみに対応したサイトやサービスにも接続できるようにするためのサービスの名称です。

残念ながら、Google Nest Wifiは、v6プラスに対応していません。

v6プラスに対応していないので、Google Nest Wifiで、IPv6を有効化した状態で閲覧できないサイトなどがある場合は、有効化を解除(無効化)して閲覧しましょう。

上記で紹介している、有効化のスイッチをオフにするだけで無効化できますので、試してみてください。