G Tips

Google Oneのメリットとデメリット

  • Release

この記事では、Google Oneのメリットとデメリットを紹介します。

Google Oneは有料サービスで、さまざまなサービスを提供しています。

また、デメリットについても解説していきますので、Google Oneの契約を予定している方はぜひ参考にしてください。

Google Oneのメリット

Google Oneを利用するメリットを紹介します。

保存容量が増える

Google Oneの最大の特徴は、ストレージを増やすことができることです。

Google Oneを利用してストレージを増やすと、Google ドライブ、Gmail、Google フォトのデータ保存容量が増えます。

Google アカウントには、もともと無料で15GBの保存容量がついています。

アップグレードすれば、保存容量の合計が100GB以上になります。

容量がいっぱいになった場合や、もっと余裕を持たせたい場合は、アップグレードしましょう。

Google Oneのアップグレード方法

Google Oneを使用してアップグレードするには、Google アカウントが必要です。

Google アカウントをお持ちなら、Google Oneにログインすることができます。

Google Oneのアカウントとは?有効にする方法やログイン方法

Googleサポートが受けられる

Google Oneヘルプページ

Google Oneのメンバーになると、Googleのカスタマーサポートを受けることができます。

Google ドライブ、Gmail、Google フォトなどのGoogleサービスに関するお問い合わせは、カスタマーサポートで受け付けています。

なお、サポート受付は、電話、チャット、メールでの対応となり、受付時間が決まっていますのでご注意ください。

Google Oneのヘルプ(サポートや問い合わせ窓口)

Google Oneでアップグレードするとメンバーになれます。

メンバーシップについてよく分からないという方は、以下の記事を参考にしてください。

Google Oneのメンバーシップとは?料金などの情報

Google Oneアプリでは、サポートへの問い合わせ画面が簡単に開きます。

Google Oneアプリで、サポートタブをタップします。

Google Oneのアプリとは?iPhoneアプリについて

ファミリー共有できる

ファミリーグループを作成し、最大6人でGoogle Oneを共有することができます。

共有されたデータは、他のメンバーには表示されません。

ファミリー共有するには、ファミリーグループを作成し、ファミリーを追加した後にファミリー共有を有効にする必要があります。

ファミリーグループを作成する方法、ファミリーを追加する方法を以下の記事で紹介しています。

Google Oneをファミリーで利用する際の情報まとめ

ファミリー共有を有効にするには、次の記事の「iPhoneでGoogle Oneのファミリー共有をする方法」を参考にしてください。

Google Oneでファミリー共有をする方法

特典を利用できる

Google One特典例

Google Oneを利用すると、さまざまな特典を受けることができます。

特典は国によって異なり、随時変更されます。

次の記事で、現在開催中の特典と過去に行われた特典を紹介しています。

Google Oneの特典について

中には、無料トライアルを実施中にGoogle Oneユーザーとしての特典を受けた方もいらっしゃいます。

無料トライアルを体験して、Google Oneを試してみてみませんか?

Google Oneの無料トライアルキャンペーンについて

データがGoogleのクラウド上にあるため安心

Google Oneを使って、モバイルデバイスのデータをバックアップすることができます。

写真、動画、メッセージなどのコピーを作成し、クラウドに保存します。

デバイスからデータを削除しても、データはクラウド上に残っているので、完全に失われることはないので安心です。

写真を「元の画質」で大量保存できる

Google フォトには、2つの画像圧縮機能があります。

ひとつは「高画質(画質をやや下げて保存される)」、もうひとつは「元の画質(撮影時と同じ解像度で保存される)」です。

Google Oneでアップグレードすると、「高画質」だけでなく「元の画質」でも大量に保存できるようになります。

100GB以上の容量が利用できるようになり、多くの写真や動画を「元の画質」でバックアップを作成することが可能になります。

写真や動画のデータを、画質を気にせず保存したい方は、アップグレードをおすすめします。

ちなみに、2021年6月までは、「高画質」設定を選択した場合の保存容量に上限はありませんでした。

現在は、「高画質」設定を選択した場合、無料保存容量の上限は15GBとなっています。

「元の画質」の設定はもともと無料保存容量の15GBが上限となります。

Google Oneのデメリット

Google Oneを利用するデメリットを紹介します。

お金がかかるサービス

Google Oneは有料サービスです。

Google Oneのサービスのうち、無料で利用できるのは、ストレージの確認やバックアップです。

有料プランを契約すると、やっとサポートや共有ストレージ、特典を利用できるようになります。

Google Oneの有料料金プランについては、以下の記事で紹介しています。

Google Oneの料金プラン

契約は自動更新

Google Oneプランを契約すると、定期購入の請求期間が終了するときにに自動的に更新されます。

そのため、Google Oneを解約する場合は、請求期間が終了する前に忘れずに解約する必要があります。

心配な方は、早めに解約しても良いかもしれません。

Google Oneの解約方法(解約後のデータについて)

Googleサービスを通さないとバックアップできない

Google Oneのバックアップは、Google フォトやGoogle カレンダーなどのGoogleサービス内に保存されます。

Androidの場合、スマホ本体のバックアップデータを保存することができます。

iPhoneの場合、連絡先、カレンダー、写真、ビデオのみ利用可能で、スマホ本体のバックアップはできません。

ヘルプページがわかりづらい

ヘルプページを見ても解決できない問題があると思います。

ヘルプページでは、サポートに直接問い合わせることはできませんので、掲載されているトピックから検索する必要があります。

また、よくある質問はトピックページ内にあり、なかなかたどり着けません。

Google ドライブとの違いがわかりにくい

Google ドライブはストレージサービスです。

Google Oneは、Google ドライブ、Gmail、Google フォトの共通の容量を定期購入し、受けられるサービスです。

同じストレージサービスでも、意味合いは微妙に異なります。

このページを見ている人におすすめの商品