G Tips

Gboardの音声入力について

  • Release

Gboardは、無料で使える人気の日本語入力アプリですが、音声入力にも対応しています。簡単に使えますので、さっそく試してみませんか?

この記事では、Gboardの音声入力について詳しく説明します。

また、アップデートにより句読点も音声入力できるようになりましたので、その方法もご紹介します。

Gboardの音声入力方法

Androidスマホを例に、Gboardの音声入力方法をご紹介します。音声入力を使うには、Android 7.0以上のバージョンが必要です。

作業時間:1分

テキスト入力が可能なアプリを開く

+アイコンをタップ

GmailやKeepなど、テキスト入力が可能なアプリを開きます。例として、Keepアプリを開き、「+」アイコンをタップします。

「マイク」アイコンを長押し

マイクアイコンを長押し

「マイク」アイコンを長押しします。

「アプリの使用時のみ」または「今回のみ」を選択

アプリの使用時のみを選択

『音声の録音を「Gboard」に許可しますか?』ダイアログボックスが表示されますので、「アプリの使用時のみ」または「今回のみ」を選択します。「許可しない」を選択すると、音声入力は使えません。例として「アプリの使用時のみ」を選択します。

再度「マイク」アイコンを長押しする

マイクアイコンを長押し

再度「マイク」アイコンを長押しします。

テキスト入力する内容を話しかける

お話しくださいと表示

「お話しください…」と表示されますので、テキスト入力する内容を話しかけます。

入力したテキスト例

音声入力したテキスト例

例として「きょうのてんきははれです」と話しかけると、上記のように表示されました。

句読点を音声入力する方法

Androidで句点(。)と読点(、)を音声入力する方法をご紹介します。

句点(。)

句点の入力例

句点(。)は「まる」と言うと表示されます。

例として「かいものへいきましたまる」と話しかけると、上記のように表示されます。

読点(、)

読点の入力例

読点(、)は、「てん」ではなく「とうてん」と話しかけると表示されます。

例として「わたしはとうてんとうきょうにすんでいます」と話しかけると、上記のように表示されます。

読点の誤入力例

「わたしはてんとうきょうにすんでいます」と「てん」にすると、今回の例では「10」と変換されました。

iPhoneで音声入力できない場合

音声入力を有効にする

音声入力を有効にするを選択

iPhoneのGboardで音声入力するには、音声入力を有効にする必要があります。

有効にしていない場合は、上記のように「音声入力を有効にしますか?」ダイアログボックスが表示されますので「音声入力を有効にする」を選択しましょう。

カーソルの位置を確認

Toにあるカーソル

上記はGmailアプリの作成画面ですが、「マイク」アイコンが表示されていないため、音声入力ができません。

しかし、カーソルの位置を確認すると「To」の欄にあり、テキスト入力できる場所ではありません。

マイクアイコンの表示

「メールを作成」をタップしカーソルが移動すると、キーボードに「マイク」アイコンが表示されます。

単純なことではありますが、「マイク」アイコンはテキストを入力する場所に表示されますので、もし表示されない場合はカーソルの位置を確認してみましょう。

Gboardアプリの設定を確認

キーボードの設定を選択

Gboardアプリの音声入力がオンになっているか確認してみましょう。

Gboardアプリを開き、「キーボードの設定」を選択します。

音声入力をオン

「音声入力」が上記のようにオフになっている場合は、タップしてオンにしてください。

フルアクセスを許可しているか確認

Gboardを選択

Gboardアプリをインストールする際に、フルアクセスを許可していない可能性がありますので、確認してみましょう。

設定アプリを開き、「Gboard」を選択します。

キーボードを選択

「キーボード」を選択します。

タップしてオン

上記のように、「フルアクセスを許可」がオフになっている場合は、タップしてオンにしてください。