G Tips

Google ドキュメントの音声入力の情報まとめ

  • Release

Google ドキュメントの音声入力は使い方も簡単で、YouTubeなどの動画から音声入力をしたり、Zoomの議事録を作成することも可能です。

この記事では、Google ドキュメントの音声入力の使い方や設定などの情報を、まとめてご紹介します。

また、音声入力に関するよくある質問にもお答えしていますので、ご参照ください。

Google ドキュメントの音声入力とは?

音声入力画面

Google ドキュメントの音声入力とは、文字の通り「音声」で入力できる機能です。キーボードを使わずに、マイクに向かって話しかけるだけで、簡単に文字を入力できます。

また、音声ファイルを再生して、音声入力することも可能です。

Google ドキュメントの音声入力の使い方

Google ドキュメントの音声入力の使い方については、下記記事でご紹介しています。PCで使うには、Google ChromeでGoogle ドキュメントを開く必要があります。

また、Google ドキュメントのスマホアプリで音声入力することもできます。iPhoneとAndroidそれぞれの使い方も説明していますので、ご参照ください。

Google ドキュメントの音声入力の使い方

Google ドキュメントの音声入力の設定方法

Google ドキュメントの音声入力は、句読点や改行も音声で入力できます。

その入力方法や日本語以外の言語の設定方法、そしてステレオミキサーを設定して音声入力する方法もご紹介していますので、音声入力を応用して使ってみましょう。

Google ドキュメントの音声入力の設定方法

動画(YouTube)からGoogle ドキュメントで音声入力する

動画(YouTube)からGoogle ドキュメントで音声入力をするには、事前にステレオミキサーの設定が必要です。

下記記事の「ステレオミキサーで音声入力する」のセクションでその設定方法をご紹介していますので、事前にご準備ください。

Google ドキュメントの音声入力の設定方法


音声入力を選択

ステレオミキサーの設定完了後、Google ChromeでGoogle ドキュメントを開き、①メニューバーの「ツール」、②「音声入力」の順に選択します。ショートカットキー「Ctrl+Shift+S」でも可能です。

マイクアイコンをクリック

Google ドキュメントに「マイク」アイコンが表示されますので、音声入力する動画(YouTube)を再生し、「マイク」アイコンをクリックします。音声入力の言語はデフォルトで「日本語」となっています。

音声入力はバックグラウンドではできませんので、Google ドキュメントのタブは開いたまま行うようにしてください。また、音声入力中にPCで他の操作をすると、音声入力が停止します。再度「マイク」アイコンをクリックして、再開してください。

YouTube

再生する動画によっては、音声入力がスムーズに進まないケースもあります。ニュースのようにはっきりと話しているものであれば音声入力の精度も高いですが、音楽や雑音が入っている、複数の人が話しているなどの場合は、精度も低くなります。

例として「Gboard 棒バージョン」の動画(YouTube)を再生して、音声入力してみます。

音声入力例

動画の冒頭部分では「今まで我々はキーボードのキーにばかりフォーカスをあてていました」と言っているのですが、音声入力では「今まで我々はキーボードの測り方が問われていました」と入力されました。

また、句読点も入力されないため、最終的にはチェックが必要になります。

Google ドキュメントの音声入力を使ってZoomの議事録を作成する

動画(YouTube)からGoogle ドキュメントで音声入力するのと同様に、Zoom会議を録音した音声をPCで再生すれば、同じように議事録の作成も可能です。

ただし、Google ドキュメントの音声入力は、複数の人が話している場合の認識精度は高いとは言えません。参加者の方にはっきり話してもらうなど、協力が必要です。

詳しい手順は、この記事の「動画(YouTube)からGoogle ドキュメントで音声入力する」のセクションで説明していますので、ご参照ください。

Google ドキュメントで音声入力ができない場合

Google ドキュメントで音声入力ができない場合の対処法については、下記記事でご紹介しています。

PCのGoogle ドキュメントの音声入力は、Google Chromeでのみ使える機能となっています。もし、音声入力ができない、音声入力が出てこない場合は、利用しているブラウザを確認しましょう。

Google ドキュメントで音声入力ができない場合

Google ドキュメントの音声入力についてよくある質問

Google ドキュメントの音声入力に関するよくある質問にお答えします。

Google ドキュメントのマイクはどこ?

PC
マイクの表示がないGoogleドキュメント

PCのGoogle ドキュメントのマイクは、Google ドキュメントを開いた際には表示されません。マイクは、音声入力の設定後に表示されます。

その手順については、この記事の「動画(YouTube)からGoogle ドキュメントで音声入力する」セクションをご参照ください。

iPhone
iPhoneのマイクアイコン

iPhoneの標準キーボードの場合は、右下に表示されます。

Android
Androidのマイクアイコン

Androidの標準キーボード(Gboard)の場合は、キーボードの上部に表示されます。

Google ドキュメントの音声入力の精度はどれくらい?

音声入力例

Google ドキュメントの音声入力の精度は、PCやスマホに直接話す場合については非常に高いと言えます。難しい漢字でも、ほぼ間違えずに変換しています。

例として「おきなわけんうらそえしじっちゃく」と話すと、「沖縄県浦添市勢理客」と正しく変換されました。

しかし、複数人が話している会議などの録音したデータや、BGMや雑音が入っている、はっきりと話していないなどの場合は、精度は低くなります。

文字起こしにもとても便利ですが、使う際の条件によっては正確な音声入力が難しいこともあります。

ICレコーダーからGoogle ドキュメントの音声入力は使える?

ICレコーダーで録音した音声ファイルをPCで再生すれば、Google ドキュメントの音声入力を使うことができます。

その使い方は、下記記事の「ステレオミキサーで音声入力をする」をご参照ください。

Google ドキュメントの音声入力の設定方法

このページを見ている人におすすめの商品