G Tips

Google カレンダーと他アプリとの連携について

  • Release
  • Update

Google カレンダーは、他のアプリと連携することによってさらに便利に使うことができます。

連携できるアプリの種類も数多くあるので、ぜひ連携して使ってみましょう。

この記事では、連携できるアプリの中から人気のものを選び、そのアプリとGoogle カレンダーとの連携方法について詳しく説明します。

Google カレンダーと他アプリとの連携について

いろいろなアプリと連携できるGoogle カレンダー。

知っておくと便利な連携方法について説明します。

スプレッド シートとの連携

Fast Calendarをインストール

ここでは、アドオン「Fast Calendar」を使った連携方法をご紹介します。

Fast Calendarにアクセスし、「インストールボタン」をクリックします。

インストールの準備

「インストールの準備」ダイアログボックスが表示されますので、「続行」をクリックします。

アカウントを選択

ログイン画面が表示されますので、連携するGoogle カレンダーのアカウントを選択します。

アカウントへのアクセスを許可

「アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されますので、「許可」ボタンをクリックします。

Fast Calendarのインストール完了

「Fast Calendarをインストールしました。」と表示されますので、「完了」をクリックします。

スプレッドシードを開く

「Google アプリ」をクリックし、②「スプレッド シート」を選択します。

新しいスプレッド シートの作成

「新しいスプレッド シートを作成」の「空白」を選択します。

アドオンを有効にする

「アドオン」タブ、②「Fast Calendar」、③「Activate for this sheet(このシートを有効にする)」の順に選択します。

カレンダーに予定を入力

Fast Calendarが有効化されたら、スプレッドシートに予定を入力します。

①Calendarは連携するGoogle カレンダーを選択し、Title(タイトル)、Date(日付)、Start Time(開始時間)、End Time(終了時間)、オプションでDescription(説明)などを入力していきます。

終日の場合は、Start TimeとEnd Timeを空欄のままにします。

スプレッドシードの名前の変更も行いましょう。

入力が完了したら、③「すべて作成…」ボタンをクリックします。

イベントの追加完了

Google カレンダーへのイベントの追加が終わると色が変わり、「追加しました◯(数字)イベント」ダイアログボックスが表示されますので、「OK」をクリックします。

スプレッド シートとGoogle カレンダーとの連携完了

Google カレンダーで確認すると、開始時間、終了時間もすべて反映されています。

これで、スプレッド シートとGoogle カレンダーの連携完了です。

LINEイベントとの連携

LINEイベントはGoogle カレンダーと直接連携することはできませんが、iPhoneカレンダーとGoogle カレンダーを同期することによって連携が可能になります。

LINEのイベント機能はスマホのみとなっているため、ここではスマホ(iPhone)を使った連携方法について説明します。

設定アプリのカレンダーを選択

iPhoneの「設定」アプリを開き、「カレンダー」を選択します。

アカウントを選択

「アカウント」を選択します。

アカウントを追加を選択

「アカウントを追加」を選択します。

アカウントにすでに「Gmail」を追加されている方は、LINEを開くところへお進み下さい。

Googleを選択

「Google」を選択します。

続けるをタップ

ダイアログボックスが表示されますので、「続ける」をタップします。

メールアドレスまたは電話番号を入力

Googleログイン画面が表示されますので、①「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

パスワードを入力

「パスワード」を入力し、②「次へ」ボタンをタップします。

カレンダーをON

カレンダーがONになっていることを確認し、②「保存」をタップします(メール、連絡先、メモは任意で設定して下さい)。

Gmailアカウントとの同期完了

Gmailのアカウントが追加されていれば、iPhoneカレンダーとGoogle カレンダーの同期完了です。

LINEイベントの詳細を見る

Google カレンダーと連携したいLINEイベントの「もっと見る」をタップします。

端末のカレンダーに保存

「端末のカレンダーに保存」をタップします。

カレンダーに追加

「カレンダーに追加」をタップします。

連携したいGoogle カレンダーを選択

「連携したいGoogle カレンダー(例:プライベート)」にチェックマークを入れ、②「完了」をタップします。

カレンダー名を確認して完了

連携したいカレンダー名が表示されているか確認し、②「完了」をタップします。

Google カレンダーで確認

Google カレンダーのアプリを開くと、LINEイベントの予定が表示されています。

これでLINEイベントとの連携完了です。

Google フォームとの連携

カレンダーイベント予約をインストール

アドオン「カレンダーイベント予約(Calendar event Booking)」を使った連携方法をご紹介します。

カレンダーイベント予約にアクセスし、「インストール」ボタンをクリックします。

インストールの準備

「インストールの準備」ダイアログボックスが表示されますので、「続行」をクリックします。

アカウントを選択

ログイン画面が表示されますので、連携するGoogle カレンダーのアカウントを選択します。

アカウントへのアクセスを許可

「アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されますので、「許可」ボタンをクリックします。

カレンダーイベント予約のインストール完了

「カレンダーイベント予約をインストールしました。」と表示されますので、「完了」をクリックします。

Formsを選択

「Google アプリ」をクリックし、②「Forms」を選択します。

新しいフォームの空白を選択

「新しいフォームを作成」の「空白」を選択します。

設定をクリック

「設定」をクリックします。

設定画面を保存

設定画面が表示されますので、①「メールアドレスを収集する」にチェックマークを入れ、②「保存」をクリックします。

アドオンの選択

「アドオン」のアイコンをクリックし、②「カレンダーイベント予約」を選択します。

カレンダーイベント予約を構成

ダイアログボックスが表示されますので、「Configure Calendar event Booking(カレンダーイベント予約を構成する)」を選択します。

▼(三角マーク)をクリック

設定ボックスが表示されるようになりました。

次は「▼」をクリックします。

プルダウンを選択

表示されたプルダウンメニューから「プルダウン」を選択します。

必須をON

「必須」をONにし、②「Refresh」ボタンをクリックします。

「Refresh」ボタンを押すことにより、入力した内容が更新されます。

新しいカレンダーを作成

Google フォームと連携するための新しいカレンダーを作成します。

新しいタブにGoogleカレンダーを開き、「他のカレンダーを追加」をクリックします。

新しいカレンダーを作成を選択

ダイアログボックスが表示されますので、「新しいカレンダーを作成」を選択します。

名前を入力してカレンダーを作成

「名前」を入力し、②必要であれば「説明」を入力し、③「カレンダーを作成」ボタンをクリックします。

カレンダーに予定を入力

新しく作成したカレンダーに予定を入力します。

例として、今回は5回実施する勉強会の予定を入力しています。

Refreshボタンをクリック

Google フォームに戻り、「Refresh」ボタンをクリックします。

新しく作成したカレンダーを選択し、Saveボタンをクリック

①「Select the Calendar」でプルダウンから新しく作成したカレンダーを選択し、②「Save(保存)」ボタンをクリックします。

入力した予定が反映

「Save successfully!」と表示され、カレンダーに入力した予定が反映されます。

質問を変更

「質問」を変更し、②設定ボックスの左から2番目のアイコンをクリックし、③「Refresh」ボタンをクリックします。

フォームの名前を変更しSaveする

「Sync Dropdown」に変更した質問が表示されますので、①フォームの名前を変更し、③「Save」ボタンをクリックします。

プレビューをクリック

「Save successfully!」と表示されたら、フォームを確認してみましょう。

「プレビュー」のアイコンをクリックします。

例として、勉強会①を選択

例として、メールアドレスを入力し、勉強会①を選択してみます。

カレンダーでゲストの確認

カレンダーで確認すると、勉強会に1人のゲスト(返答待ち1人)と表示されます。

ゲストへの招待メール

ゲストの方へは招待のメールが届き、例として「はい」をタップして回答したとします。

カレンダーでゲストの参加を確認

Google カレンダーを確認すると、「返答待ち1人」から「参加1人」へと表示が変わります。

ゲストのGoogle カレンダーアプリの表示

ゲストの方のGoogle カレンダーアプリにも予定が表示されます。

「カレンダーイベント予約」のアドオンを使用することにより、このようにGoogle フォームと連携することができます。

ToDoリストとの連携

PCとスマホ(iPhone)、デバイス別に連携方法をご紹介します。

PCの場合
ToDoリストにチェックマーク

Google カレンダーを開き、マイカレンダーの「ToDorリスト」にチェックマークを入れます。

ToDoリストとの連携完了

ToDoリストが表示され、これで連携完了です。

スマホ(iPhone)の場合
三本線をタップ

Google カレンダーのアプリを開き、「三本線」をタップします。

ToDoリストにチェックマーク

「ToDoリスト」にチェックマークを入れます。

ToDoリストとの連携完了

ToDoリストが表示されるようになり、連携完了です。

TEAMSとの連携

TEAMSのアプリを開く

TEAMSのアプリを開き、「新しい会議」をクリックします。

新しい会議の内容を入力

タイトル、日時等を入力し、②「保存」ボタンをクリックします。

Google カレンダーを選択

「会議が作成されました」ダイアログボックスが表示されますので、「Google カレンダー」を選択します。

Google カレンダーに反映された予定を保存

Google カレンダーの予定入力画面が表示されますので、「保存」ボタンをクリックします。

連携完了

Google カレンダーに会議予定が反映され、連携が完了しました。

Google Home miniとの連携

Google Home miniとGoogle カレンダーの連携は、同じアカウントを利用しているのであれば特に設定する必要はありません。

Google Home miniに話しかけることで予定を教えてくれ、音声でGoogle カレンダーへ予定を追加することもできます。

Outlookとの連携

OutlookとGoogle カレンダーを両方使っている方は、連携することで更に便利に使うことができます。

以下の記事では、Google カレンダーとOutlook予定表を連携(同期)する方法についてご紹介をしています。

Google カレンダーとOutlook予定表を同期する方法

iPhoneとの連携

iPhoneユーザーの方は、Google カレンダーのアプリをインストールすることで、連携して利用することができます。

以下の記事では、Google カレンダーとiPhoneカレンダーを連携(同期)する方法についてご紹介をしています。

Google カレンダーとiPhoneのカレンダーを同期する方法

Zoomとの連携

ZoomとGoogle カレンダーを連携することで、Google カレンダーからWeb会議に参加することも可能になります。

以下の記事では、ZoomとGoogle カレンダーを連携する方法についてご紹介をしています。

ZoomとGoogle カレンダーを連携する方法

Slackとの連携

SlackとGoogle カレンダーは、連携することでチームでのスケジュール共有もできるようになります。

以下の記事では、SlackとGoogle カレンダーを連携する方法についてご紹介をしています。

SlackとGoogle カレンダーを連携する方法