G Tips

Google Keepをバックアップする方法

  • Release
  • Update

Google Keepはバッグアップをとることができます。バッグアップをとることで、予期せぬトラブルなど、もしものことがあっても安心できますよね。

今回はそんなGoogle Keepのバッグアップと復元について、詳しく紹介したいと思います。

Google Keepをバックアップする方法

Google KeepのバックアップにはGoogleアカウントのバックアップ機能を使用します。

作業時間:4分

トップページからメニューを開く

メニューを開く

Googleのトップページ(https://www.google.co.jp/)を開き、①「メニュー」アイコンをクリックして、②「アカウント」を選択します。

アカウント設定画面の操作

設定画面

「データとカスタマイズを管理」をクリックします。

「データのダウンロード、削除、プランの作成」メニュー

項目を選択

「データをダウンロード」をクリックします。

「Googleデータエクスポート」メニュー

チェックを入れる

「選択するデータの選択」の項目の中から、Keepの項目にチェックを入れます。

ページ下部のボタンから次のステップへ

ボタンをクリック

そのままページをスクロールして、「次のステップ」ボタンをクリックします。

バックアップデータの作成

次へを選択

「エクスポートを作成」ボタンをクリックします。

ダウンロード開始

エクスポート

「ダウンロード」をクリックします。

本人確認

ログイン情報の入力

①「Googleアカウントのパスワード」を入力して、②「次へ」ボタンをクリックします。これでバックアップファイルのダウンロードが開始します。

ダウンロード完了~バックアップ内容のチェック

ダウンロードの確認

完了したらダウンロード先のフォルダを開き、ダウンロードフォルダを開きます。

フォルダを展開

フォルダを開く1

「Takeout」フォルダを開きます。

下層フォルダを展開

奥のフォルダを開く

「Keep」フォルダを開きます。

バックアップファイルを開く

バックアップファイルを開く

メモのタイトルごとにHTMLファイルが生成されているので、クリックします。

メモ内容の確認

メモの確認

バックアップされたメモが開きます。これでGoogle Keepのバックアップは完了です。

バックアップしたファイルから復元する方法

バックアップファイルから、一括で復元する方法は、現在のところ残念ながらありません。

バックアップファイルを開き、一つずつ必要な部分をコピー&ペーストで復元していきましょう。