G Tips

Google Keepのタスク管理のやり方

  • Release

Google Keepは、Googleが無料で提供しているメモアプリですが、タスク管理ができる特徴があります。

そこでGoogle Keepをメモ代わりに使用するだけでなく、チームでタスクを管理し、さらに便利に利用する方法、Google Todoリストとの違いについても、わかりやすくご紹介いたします。

Google KeepとGoogle Todoリストの違い

Google Keepはメモアプリですが、チェック機能があり、タスク管理もできます。

ではタスク管理のGoogle Todoリストとは、どのような違いがあるのでしょうか。

2つのサービスにはどのような違いがあるのか、表にまとめてみました。

 Google KeepGoogle Todo
タスクの共有
Google カレンダーとの連携
Gmailと連携PCなら〇
画像の添付
アーカイブ
リマインダー
音声録音
手書き機能
Googlekeep表示画面

スマートフォンでGoogle Keepを利用した場合、タスクの色分けができ、付箋を貼ったように見やすく表示することができます。

Todoのスマホ表示

Google Todoは、PCで利用する場合は色分けすることができますが、スマートフォンでGoogle Todoリストを利用した場合は、色分けができません。

Google Keepでは画像も表示できるため、Google Todoリストと比べてみると、見た目にも違いがあります。

Google Keepのタスク管理のやり方

Google Keepはスマートフォンで利用している方が多いため、こちらではスマートフォンでの操作方法、タスク管理の仕方について、ご説明をしていきます。

例として、毎週月曜日にクリーニング店に行きたいので、毎週月曜日の繰り返し、リマインダーを設定します。

Googlekeepを入手

Google Keepをダウンロードしていない方は、App Storeで入手することができます。

Googlekeepをタップ

「Google Keep」アプリをタップします。

メモの追加

新しいメモの追加は、「+」ボタンをタップします。

リマインダーボタンをタップ

「クリーニング」と入力し、②「リマインダー」ボタンをタップします。

日付の入力

「日時の選択」をタップし、②「日付」をタップします。

日時ではなく、「場所の選択」をタップした場合は、住所を入力すると、その場所に到着したときに通知を受けることができます。

カレンダーのダイアログボックス

ダイアログボックスが開かれ、カレンダーが表示されるので、①「リマインダーの通知を受けたい日付(例:4/26)」をタップし、②「OK」ボタンをタップします。

時刻の設定

リマインダーの時刻を設定したい場合は、①「時刻」をタップし、②ダイアログボックスが開かれたら、「通知を受けたい時間」をタップします。

通知を受けたい時間が表示されていない場合は、「カスタム…」で時間を設定することができます。

繰り返しの設定

繰り返しを設定したい場合は、①「繰り返し」をタップし、②「繰り返したい設定(例:毎週)」をタップします。

チェックマークボタンをクリック

設定を確認したら、右上の「チェックマーク」ボタンをタップします。

クリーニングのタスク

設定が完了し、クリーニングのタスクが表示されました。

様々なタスク

買い物リストや、日々の予定、ちょっとした覚えておきたいことなど、上記の方法でタスク化します。

タスクをアーカイブ

終わった予定など、メモから外したいタスクは、左にスワイプするとアーカイブすることができます。

ここでは、「ホルツアクリル塗料」を左にスワイプし、アーカイブします。

アーカイブ後の画面

「ホルツアクリル塗料」のタスクがメモの画面から消え、アーカイブされました。

アーカイブを確認

アーカイブしたタスクを確認するには、画面左上の「三本線のアイコン」をタップします。

アーカイブをタップ

「アーカイブ」を選択します。

アーカイブに移動を確認

「ホルツアクリル塗料」のタスクがアーカイブされたことが、確認できます。

このように、普段紙に書くようなメモをGoogle Keepへ入力し、タスクで管理することができます。

チームでタスク管理する

Google Keepは共有ができるので、チームでタスクを管理することが可能です。

こちらでは、タスクの共有の方法についてご説明いたします。

共有タスクの選択

「共有したいタスク」を選択します。

縦の三点リーダーをタップ

「縦に並んだ三点リーダー」をタップします。

共同編集者を選択

ダイアログボックスが開かれたら、「共同編集者」を選択します。

共有するメールアドレスを入力

「共有するユーザーまたはメールアドレス」を入力し、②「チェックマーク」ボタンをタップします。

共有した相手のアイコン

共有が完了し、ラベルの横にタスクを共有した相手のアイコンが表示されます。

共有タスクの管理

終了したタスクは、チェックボックスをタップすると、横線が引かれます。

どのタスクが終了していないかが一目でわかり、チームでタスクを管理することができます。

共有した相手も、タスクを編集することが可能です。

ファイル添付する

Google Keepにファイルを添付する機能はありません。

そこで代替案として、Googleドライブへ一度保存したファイルのリンクを取得して、Google Keepに添付する方法をご紹介いたします。

Googleドライブを選択

「Googleドライブ」アプリをタップします。

三点リーダーをタップ

「テスト送信」のファイルを添付したいので、テスト送信の右上にある「三点リーダー」をタップします。

リンクをコピーを選択

ダイアログボックスが開かれたら、「リンクをコピー」を選択します。

クリップボードにコピー

リンクがクリップボードにコピーされました。

Googlekeepをタップ

Googleドライブを閉じて、「Google Keep」アプリをタップします。

+ボタンをタップ

「+」ボタンをタップします。

ペーストをタップ

「メモ」をタップし、②「ペースト」をタップします。

リンクのコピーが表示

リンクがコピーされ、テスト送信が添付されました。

ファイルの添付が完了

テスト送信の添付が完了しました。

[Google Keep 基本情報]の関連記事

Page Top