G Tips

Google マップと連携すると便利なサービス4選

  • Release
  • Update

Google マップは単体で利用しても十分に便利ですが、他のアプリやサービスと連携することで、さらに便利な利用ができます。

こちらでは使い勝手の良いサービス4つを選び、簡単に連携ができる方法をご紹介をしていきます。

普段利用したことがあるアプリやサービスばかりなので、ぜひお試しになってください。

Google マップと連携すると便利なサービス

Google マップとカーナビを連携する

今使っているカーナビと、Google マップが連携できたら便利なのに。そう思ったことはありませんか。

実は、カーナビに「スマートフォンナビ連携機能」が付いていれば、今すぐにGoogle マップとの連携が可能です。

下記の記事では、連携する方法や、連携に必要なカーナビアプリについてご紹介をしています。

カーナビとグーグル マップを連携する方法

Google マップとカレンダーを連携する

iOS版のGoogle マップアプリを利用している方は、Google マップで検索した電車経路を、カレンダーと連携することができます。

カレンダーに表示されることによって、スケジュールとしての管理ができ、さらに便利な使い方ができるでしょう。

また経路検索の結果を残しておく手段としても、カレンダーの連携はおすすめです。

Google Mapsをタップ

スマホのホーム画面から、「Google Maps」をタップします。

経路をタップ

Google マップが開かれたら、①「経路」を選択し、②「行き先」(例:東京スカイツリー)を入力します。

経路を選択

「出発地」(例:東京駅)を入力し、②「経路」を選択します。

カレンダーに追加をタップ

経路が表示されたら、下までスクロールし「カレンダーに追加」をタップします。

カレンダーに追加を選択

ダイアログボックスが開かれたら、「カレンダーに追加」のどちらかを選択します。

ここでは「Googleカレンダーに追加」を選択しました。

これでカレンダーと連携が完了しました。次に、Google カレンダーでどのように表示されているか確認をしてみましょう。

カレンダーをタップ

ホーム画面に戻って、「Google カレンダー」をタップします。

東京スカイツリーをタップ

カレンダーに表示されている「東京スカイツ…」をタップします。

カレンダーに表示された内容の確認

経路がメモに表示され、URLをタップするとGoogle マップの経路画面が開かれます。

Google マップとフォトを連携する

Google マップのタイムラインでは、一日の行動履歴とともに写真を表示することができ、Google フォトとの連携が可能です。

Google フォトとの連携については、下記の記事で紹介をしています。

「タイムラインとGoogle フォトの連携方法」を参考になさってください。

Google マップのタイムラインとは?表示から使い方まで完全ガイド

Google マップとExcelを連携する

Google マップとExcelを連携すると、表に書かれた住所をすぐにGoogle マップで確認することができ便利です。

ここでは、クリックをするとWebページが開ける、「ハイパーリンク関数」を使った方法を説明していきます。

関数の入力

エクセルで住所が入力されている表を作ります。

リンクを表示したい「セル」に式を入力します。

リンク先を入力

=HYPERLINKの後ろには、「リンク先のURL(Google マップのURL)」を入力します。

住所のセルを入力

リンク先のURLの後ろには、マップで表示したい「住所が書かれたセル」を入力します。

セルに表示したい文字の入力

セルに表示したい「文字」を入力します。

ここではA2のセルに入力してある「国立代々木競技場を開く」と入力しています。

マップとエクセルの連携が完了

これでエクセルとGoogle マップの連携が完了しました。

国立代々木競技場の地図

エクセルの「国立代々木競技場を開く」をクリックすると、Googleマップが立ち上がり、国立代々木競技場の地図が確認できます。

セルをコピー

式を入力したセルをコピーすると、同じようにリンク先の入力ができます。