G Tips

Google マップのロケーション履歴をiPhoneで確認する方法

  • Release
  • Update

Google マップにロケーション履歴という機能があるのはご存知でしょうか。

ロケーション履歴は、行き先を検索したり保存したりしなくても、訪れた場所を履歴として保存してくれます。

そのため、旅行の思い出として見返す方も多いそうです。

では、どこでロケーション履歴を確認することができるのか、ロケーション履歴の設定方法なども一緒に見ていきましょう。

ロケーション履歴(行動履歴)とは?

利用しているデバイスで一定の条件を満たしていると、デバイスを持って行動した場所の履歴がGoogle マップに保存、表示されます。

ロケーション履歴が記録される条件

  • Googleアカウントにログインしている状態であること
  • ロケーション履歴の設定がオンになっている
  • デバイスの位置情報サービスがオンになっている

iPhoneでロケーション履歴の見方

iPhoneでロケーション履歴を見る方法を、順を追って説明していきます。

作業時間:1分

「Google Maps」アプリを開く

Googleマップアプリをタップ

「Google Maps」アプリをタップします。

「アカウント」のアイコンをタップし、タイムラインを選択

タイムラインを選択

Googleへのログインを確認した後①右上の「アカウント」のアイコンをタップし、②「タイムライン」を選択します。

ロケーション履歴が表示

ロケーション履歴の表示

タイムラインを開くと、今までに記録されたロケーション履歴を見ることができます。

iPhoneでロケーション履歴を設定する

iPhoneでロケーション履歴を設定する方法を、確認していきます。

アカウントのアイコンをタップ

「Google Maps」アプリを開いたら、Googleアカウントにログインしている状態で①「アカウント」のアイコンをタップし、②「設定」を選択します。

個人的なコンテンツを選択

設定から、「個人的なコンテンツ」を選択します。

位置情報とロケーション履歴の確認

「位置情報サービスがオン」「ロケーション履歴がオン」になっているかを確認します。

「位置情報サービスがオン」になっていない場合

位置情報の設定の変更

位置情報サービスがオンになっていない場合は、「位置情報サービスが【常に使用】に設定されていない」をタップします。

位置情報をタップ

iPhoneの設定画面が表示されるので、「位置情報」をタップします。

常にを選択

位置情報の利用を許可の「常に」を選択し、前画面に戻ります。

Googleマップに戻る

①位置情報が「常に許可」になっていることを確認し、②「Google Maps」をタップし、Google マップの設定画面に戻ります。

「ロケーション履歴がオン」になっていない場合

ロケーション履歴がオフをタップ

「ロケーション履歴がオフ」をタップします。

ロケーション履歴ボタンをタップ

アクティビティ管理の画面が開かれるので、「ロケーション履歴のボタン」をタップします。

有効にするボタンをタップ

下にスクロールし内容を確認した後、「有効にする」ボタンをタップします。

OKボタンをタップ

設定がオンになり、ロケーション履歴の設定が完了しました。「OK」ボタンをタップしてください。

iPhoneでロケーション履歴を復元する

ロケーション履歴は削除してしまうと、復元することできません。削除をする際には、再度確認を行いましょう。

ロケーション履歴は自動削除の設定があります。ロケーション履歴を残しておきたい、消したくないという方は、自動削除の設定を見直してみることをおすすめします。

自動削除をタップ

個人的なコンテンツの画面から、「ロケーション履歴の自動削除」をタップします。

設定から個人的コンテンツの画面を表示するまでは、上記の「iPhoneでロケーション履歴を設定する」を参考にしてください。

自動削除しない

ロケーション履歴を削除したくない場合は、①「アクティビティを自動削除しない」をタップし、②「次へ」のボタンをタップてください。

確認ボタンをタップ

自動削除されない設定になったことが表示されます。よろしければ「確認」ボタンをタップして終了です。

iPhoneでロケーション履歴が記録されない場合

「iPhoneでロケーション履歴を設定する」を試してみても、記録されない場合は次のことをお試しください。

アカウントに関連付けられているデバイスをチェック

上記した「ロケーション履歴がオン」になっていない場合を参考にして、ロケーション履歴の設定画面を表示してください。

関連付けられているデバイスをタップ

先ほど設定したときにはなかった、チェック項目が追加されています。

「このアカウントに関連付けられているデバイス」をタップしてください。

利用しているデバイスをチェック

利用している「デバイスの表示」をタップして、チェックマークの表示がでたら終了です。

時間を置いてみる

ロケーション履歴がすぐに反映されず、タイムラインに表示されていないのかもしれません。

少し時間を置いてから、もう一度確認してみましょう。

一度電源を落として再起動してみる

一度iPhoneの電源を切って、再度電源を入れると設定の変更が反映されることがあります。

すべての設定を変更した後に、試してみてください。