G Tips

Google 翻訳の英訳(和英)について

  • Release
  • Update

インターネットやSNSの普及によって、一部の人だけでなく、一般の多くの人が海外の方と気軽にコミュニケーションが取れるようになりました。

また英語の文章を目にする機会も増え、日本にいても英語は日常的です。

ここではGoogle 翻訳の英訳について、PCやスマホで英訳する方法、Google Chromeを使った英訳、英語の論文を丸ごと英訳する方法などをご紹介いたします。

Google 翻訳の面白い使い方も説明していますので、ぜひ最後までお読みください。

Google 翻訳の英訳の精度

Google 翻訳は、2016年に新たなニューラルベースのAI翻訳がGoogleに導入され、リリースされた当初よりも大きく精度が向上しました。

その精度は、英語を日本語に和訳すると、人が和訳をするのとほぼ変わりないほどです。

ですが日本語を英語に翻訳すると、ニュアンスの違った英訳が表示されることがあります。

これはGoogle 翻訳の英訳の精度よりも、日本語の文化ともいえる曖昧な表現が関係しているようです。

英訳が少し違うかも?と感じたときは、翻訳する前の日本語の文章を見直してみましょう。

主語、述語、目的語を省略しない、意味が重複する単語は漢字を使う、副詞や修飾語を取り除きシンプルな文章にすることで、Google 翻訳の精度を自分でアップできます。

Google 翻訳の英語の発音について

Google 翻訳で、わからない英単語や英文を翻訳するのはもちろんですが、マイクを使うと英語の発音チェックにも利用できます。

こちらでは、自分の英語の発音がどこまで通用するのか?Google 翻訳を使った発音チェックの仕方を説明していきます。

スマホを使った方法をご紹介いたしますので、Google 翻訳アプリを入手していない方は、下記の記事の「アプリで英語から日本語に翻訳」を参照してインストールを済ませてください。

Google 翻訳の和訳(英和)について

言語をタップ

Google 翻訳アプリを開きます。

原文が英語以外の言語になっている場合は、「言語」をタップしてください。

言語の選択

「原文の言語」ダイアログボックスが表示されます。「英語」を選択します。

マイクボタンをタップ

「英語」、②「日本語」になっていることを確認し、③「マイク」アイコンをタップします。

マイク入力

日本語に翻訳したい「英語(例:Can I have a salad)」を音声入力します。

すぐに日本語に翻訳された文章が表示されました。

ここでは、salad(サラダ)と発音したにもかかわらず、炭酸飲料(soda)と翻訳され、間違った発音だということがわかります。

何度英語を音声入力しても、うまく認識されない場合は、Google 翻訳で発音を確認してみましょう。

テキスト入力をタップ

「テキスト入力」をタップします。

スピーカーボタンをタップ

発音を確認したい「英語(例:salad)」を入力し、②「スピーカー」アイコンをタップします。

正しい発音を確認することができます。

PC版で日本語から英語へ翻訳(和英)

テキストを入力

PCのブラウザでGoogle 翻訳を開きます。

「日本語」を選択し、②翻訳が「英語」になっているのを確認します。英語以外の言語になっている場合は、「英語」を選択しましょう。

言語の選択が終わったら③「翻訳したい日本語のテキスト(例:東京タワーへ行く道を教えてください)」を入力します。

英訳された画面

日本語が英語に翻訳されました。

アプリで日本語から英語へ翻訳

スマホでテキストを入力

Google 翻訳アプリを開いたら、①「日本語」、②「英語」になっているか確認し、③「テキストを入力」をタップします。

他の言語になっている場合は、上記の「Google 翻訳の英語の発音について」を参照し、言語を選択してください。

英語に翻訳画面

「テキスト(例:東京タワーへ行く道を教えてください)」を入力すると、同時に下に英訳が表示されます。

Google Chromeで英語を翻訳

Google Chromeで英語で書かれたページを開くと、簡単にページを丸ごと翻訳することができます。

翻訳する方法については、下記の記事の「Google Chromeで和訳する」を参照してください。

順を追ってわかりやすく説明をしています。

Google 翻訳の和訳(英和)について

英語の論文をGoogle 翻訳

PDFファイルで保存している英語の論文も、ファイルごと読み込み、翻訳することが可能です。

ドキュメントを選択

PCのブラウザでGoogle 翻訳を開きます。

「ドキュメント」をクリックし、②「英語」、③「日本語」の順に選択します。

パソコンを参照をクリック

「ドキュメントを選択してください」と表示されたら、「パソコンを参照」ボタンをクリックします。

PDFファイルを選択

「開く」ダイアログボックスが表示されます。

「翻訳したいPDFファイル」を選択し、②「開く」ボタンをクリックします。

翻訳ボタンをクリック

Google 翻訳にファイルがアップロードされたら、「翻訳」ボタンをクリックします。

論文サンプル画面

これで翻訳が完了しました。和訳された論文を確認してましょう。

翻訳された文章がおかしいと感じる場合は、PDFに保存された英文の不要な改行が原因です。

改行を修正して、もう一度翻訳をし直してください。

OK Google 英語の通訳をして

OK Googleで知られている、Google アシスタントでも翻訳ができます。

Google Homeスピーカーはもちろん、Android、iPhoneでも「OK Google 英語の通訳をして」と話しかけると、通訳モードへの切り替わり翻訳が可能です。

こちらではiPhoneを使った通訳モードの利用方法を説明しいたします。ぜひお試してください。

AppStoreをタップ

iPhoneでGoogle アシスタントを利用する場合は、「Google アシスタント」アプリのインストールが必要です。App Storeで入手しましょう。

ホーム画面の「App Store」をタップします。

アシスタントを入手

App Storeが開かれたら、①「検索」をタップし、②「Google アシスタント」と入力します。③Google アシスタントアプリが表示されるので「入手」ボタンをタップします。

開くボタンをタップ

Google アシスタントアプリのインストールが終了したら、「開く」ボタンをタップします。

Googleアシスタント

「OK Google」と話しかけると、Google アシスタントが作動しますので、「英語で通訳して」と再度話しかけます

通訳モードデモ画面

通訳モードに切り替わるので、Googl アシスタントの指示通りに話しかけてみましょう。

通訳モードの翻訳

「こんにちは」と話しかけると「Hello」と英語に翻訳されました。

引き続き翻訳したい言葉をスマホに向かって話し、通訳モードを利用してください。

英語の翻訳が出ない場合

Google Chromeで英語の翻訳ができない場合は、以下の操作を試してみてください。

英語の翻訳ツールが表示されない場合

Google Chromeで英語のページを開くと、画面の右上に翻訳ツールが表示されます。

翻訳ツールが表示されない場合は、Google Chromeの設定を確認しましょう。

Chromeの設定をクリック

Google Chromeを開き、①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「設定」を選択します。

詳細設定を選択

設定画面が開かれたら、「詳細設定」を選択します。

言語をクリック

詳細設定から「言語」をクリックします。

翻訳ツールの表示をオン

「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」をクリックし、ボタンをオンにしてください。

翻訳ツールの表示画面

Google Chromeで英語のページを開くと、画面右上に翻訳ツールが表示されるようになりました。

日本語をクリック

ページを日本語に翻訳したい場合は、翻訳ツールの「日本語」をクリックしてください。

このページを翻訳ボタンをクリック

翻訳ツールのダイアログボックスが消えてしまった場合は、「このページを翻訳」アイコンをクリックすると翻訳ツールが表示されます。

Google Chromeのページ翻訳で「翻訳できませんでした」と表示される場合

閲覧データの削除
履歴を選択

Google Chromeを開き、①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「履歴」、③「履歴」の順に選択します。

履歴データの削除をクリック

履歴の画面が開かれたら、「閲覧履歴データの削除」をクリックします。

データを削除をクリック

①期間は「全期間」を選択し、②「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」すべてにチェックマークを入れ、③「データを削除」ボタンをクリックします。

閲覧データの削除が行われたら、翻訳を試してみてください。

拡張機能の消去

閲覧データの削除を行っても、翻訳ができない場合は拡張機能の消去を行ってみましょう。

拡張機能を選択

Google Chromeを開き、①「Google Chromeの設定」をクリックし、②「その他のツール」、③「拡張機能」の順に選択します。

拡張機能の削除

拡張機能の画面が開かれたら、デフォルト以外の拡張機能を「削除」ボタンをクリックして削除してください。

拡張機能を削除したら、再度翻訳を行ってみましょう。

Google Chromeをアンインストールし、再インストール

閲覧データの削除、拡張機能の削除を行ってもGoogle 翻訳で翻訳できない場合は、Google Chromeをアンインストールし、再インストールをお試しください。

Windowsの設定を選択

最初にGoogle Chromeのタブ、ウィンドウを全て閉じます。

①Windowsの「スタートメニュー」をクリックし、②「設定」を選択します。

アプリを選択

設定画面が開かれたら、「アプリ」を選択します。

GoogleChromeを選択

アプリと機能の画面が開かれたら、「Google Chrome」を選択します。

アンインストール

「アンインストール」ボタンをクリックします。

アンインストール確認画面

さらに確認のダイアログボックスが開かれるので「アンインストール」ボタンをクリックし、Google Chromeをアンインストールします。

GoogleChromeの再インストール

アンインストールが終了したら、Google Chromeを再インストールしましょう。

Google Chromeからダウンロード、再インストールすることができます。

再インストール後、再度Google 翻訳をお試しください。

おまけ(Google 翻訳で日本語に聞こえる英語)

英語が日本語に聞こえる言葉として有名なのが、「What time is it now」。

「掘った芋、いじんな。に聞こえる」「実際に海外で通じる」と一時期話題になりました。

こちらでは、Google 翻訳でも日本語に聞こえる、おもしろ空耳英語をご紹介します。

take it allの画面

Google 翻訳を開いたら、①テキストに「英語(例:Take it all)」を入力し、②「スピーカー」アイコンをタップします。

「Take it all」は「てきとう」に聞こえませんか?

it doesn't matterの画面

「It doesn’t matter」は「言い出すん、またー」に聞こえませんか?

sit down pleaseの画面

「Sit down please」は「しらんぷり」に聞こえませんか?

What can I seeの画面

「What can I see」は「稚内市」に聞こえませんか?

スピーカーを使って実際に聞いてみると、微妙な空耳英語もありますが、英語の勉強に疲れたとき、発音がうまくいかない時などには、よい息抜きになるはずです。

Google 翻訳の使い方を楽しく学ぶ方法としてもおすすめです。ぜひ実際に聞いてみてください。