G Tips

Google ドキュメントの保存に関する情報まとめ

  • Release

こちらの記事では、Google ドキュメントと保存に関する情報をまとめてご紹介しています。

Google ドキュメントの保存先を知る方法、上書き保存の方法、自動保存解除の代替案、ワードとして保存する方法などは、こちらをご覧ください。

また、保存できない場合についても、最後にご紹介をしていますので、ぜひGoogle ドキュメントのご利用にお役立てください。

Google ドキュメントの保存先は?

Google ドキュメントは、入力と同時に保存が完了される自動保存となっているため、自分で保存先を設定する必要がありません。

そのため、どこに保存されているか、本当に保存されているか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

下記の記事では、利用しているGoogle ドキュメントの保存先を確認する方法を説明しています。

また、保存先をGoogle ドライブ以外に設定する方法も紹介をしていますので、あわせてお読みください。

Google ドキュメントの保存先について

Google ドキュメントの保存方法

上書き保存

Google ドキュメントの上書き保存方法は、とても簡単です。自動保存となっているため保存先を設定する手間が省け、作業効率の向上にもつながります。

下記の記事では、上書き保存について、Google ドキュメントを開くところから、上書き保存が完了するまでを手順を追って紹介しています。

Google ドキュメントで上書き保存する方法

勝手に保存されるので自動保存を解除したい

残念ながら、自動保存を解除することはできません。

こちらでは、自動保存の代替案について、いくつかご紹介をしていきます。

Google ドキュメントを名前を付けて保存する

共有しているGoogle ドキュメントの使用など、自動保存で内容を変更したくない場合は、コピーを作成し名前をつけて保存する方法もあります。

作業時間:2分

コピーを作成
ファイル、コピーを作成と順に選択

ファイルを開き、①「ファイル」、②「コピーを作成」と、順に選択します。

名前をつけて保存
名前をつけてコピーを作成

ドキュメントをコピーのダイアログボックスが開かれるので、①「新しい名前」をつける、②「保存先のフォルダ」を選択、③「ファイルの詳細」にチェックマークを入れて、④「コピーを作成」ボタンをクリックします。

コピーしたファイルの名前付けが完了
コピーしたファイルへの名前つけが完了

ファイルのコピー、名前付けが完了しました。

上記では、コピーしたファイルに名前をつけて保存する方法をご紹介しましたが、間違った入力をしてしまった場合、1つ前に戻ったり、保存する前の版にファイルを戻す「ファイルの復元」も可能です。

下記の記事では、「上書きしたファイルを元に戻す方法」を紹介しています。

Google ドキュメントで上書き保存する方法

また、デバイスに保存を行う、オフラインモードが利用できます。

ぜひ、下記の記事の「オフラインモードをオンにする」もあわせてお読みになり、問題解決にお役立てください。

Google ドキュメントが保存できない場合

ワード(Word)として保存する

Google ドキュメントは、ワードに変換して保存(ダウンロード)することができます。

ファイル、ダウンロード、Microsoft Wordと順に選択

ワードとして保存したいファイルを開き、①「ファイル」、②「ダウンロード」、③「Microsoft Word(.docx)」と順に選択します。

Wordとして保存が完了

ワードとして保存(ダウンロード)が完了しました。

Google ドキュメントのファイルを保存する

Google ドキュメントを新しく作成し、ファイルの保存、保存を確認するまでの一連の操作を、下記の記事で手順を追って紹介しています。

PC、スマートフォンとデバイス別に紹介をしていますので、初めてGoogle ドキュメントをご利用になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Google ドキュメントのファイルを保存する方法

Google ドキュメントで画像を保存する

Google ドキュメントでは、画像の保存もできます。

Google ドキュメントで画像を保存する方法、Google ドキュメントでファイルを画像として保存する方法については、下記の記事をご参照ください。

画像を挿入する方法から、手順を追って、わかりやすく説明をしています。

Google ドキュメントで画像を保存する方法

ワード(Word)をGoogle ドキュメントとして保存する

ワードのファイルを、1度Google ドライブにアップロードすることで、Google ドキュメントとしての保存が可能になります。

新規作成をクリック

Google ドキュメントのホーム画面を開き、新規作成の「空白」をクリックします。

ファイルから開くを選択

新規作成画面が開かれたら、①「ファイル」、②「開く」と順に選択します。

アップロードをクリック、ファイルをドラッグアンドドロップ

ファイルを開くの画面から、①「アップロード」を選択し、②「アップロードしたいファイル」をドラッグアンドドロップします。

Google ドキュメントで開くをクリック

アップロードが完了したら、上部の「Google ドキュメントで開く」をクリックします。

ファイル、Google ドキュメントとして保存を選択

Google ドキュメントでファイルが開かれたら、①「ファイル」、②「Google ドキュメントとして保存」と順に選択します。

ドキュメントホームボタンをクリック

Google ドキュメントとしての保存が完了しました。

保存の確認に「ドキュメントホームボタン」をクリックします。

Google ドキュメントとして保存を確認

Google ドキュメントとしての保存が確認できました。

Google ドキュメントが保存できない場合

自動保存が行われ、手間がなく便利なGoogle ドキュメントですが、サーバーエラーなどでファイルが保存できない場合もあります。

下記の記事では、Google ドキュメントが保存できない場合の考えられる原因と、対処方法について説明をしています。ぜひお役立てください。

Google ドキュメントが保存できない場合

このページを見ている人におすすめの商品