G Tips

Gboardのアイコンについて

  • Release

この記事では、Gboardのアプリのアイコンや、キーボードに表示されている各アイコンの機能や役割について、AndroidとiPhoneそれぞれについて説明します。

アイコンの意味がわかると、さらにGboardが使いやすくなりますので、ぜひご覧ください。

アプリのアイコンについて

iPhoneのアプリアイコン

iPhoneのGboardアプリのアイコンは、上記のように表示されます。

Androidのアプリアイコン

AndroidのGboardアプリのアイコンは、デフォルトではランチャーに表示されていません。

Gboardの詳細設定でアプリアイコンを表示させることができ、設定すると上記のように表示されます。

アイコン(ボタン)の機能・役割について

Android

AndroidのGboard

AndroidのGboardのキーボードは、上記のように表示されます。

 アイコン名機能・役割
1「<」アイコン2~6のアイコンを、非表示とすることができます
2「ステッカー」アイコンタップすると、ステッカーが表示されます
3「クリップボード」アイコンクリップボード機能を使う際にタップします
4「設定」アイコングライド入力や音声入力など各種設定ができます
5「テーマ」アイコンタップするとキーボードの背景画面の候補が表示されますので、お好みでキーボードの着せ替えができます
6「・・・(その他)」アイコン翻訳機能やキーボードのフローティングなどを使う際にタップします
7「マイク」アイコン音声入力を使う際にタップします

iPhone

iPhoneのアプリアイコン

iPhoneのGboardのキーボードは、上記のように表示されます。

iPhoneには「設定」アイコンがなく、各種設定はGboardアプリで行います。

 アイコン名役割・機能
1「Gマーク」アイコンGoogle 検索や翻訳機能などを使う際にタップします
2「歯車」アイコンタップすると、標準キーボードに切り替わります
3「絵文字」アイコン絵文字やステッカー、GIFを使う際にタップします
4「地球」アイコン長押しすると、他のキーボードに変更できます
5「マイク」アイコン音声入力を使う際にタップします

Gboardの各機能の使い方について

ステッカー

Gboardのステッカーは、無料で使えます。

ステッカーの使い方については、下記記事で詳しくご紹介しています。

Gboardのステッカーの使い方

クリップボード(Androidのみ)

Gboardのクリップボードは、複数保存できるのがメリットです。

クリップボードの詳しい使い方については、下記記事で説明しています。

Gboardのクリップボード機能について

翻訳

Google 翻訳アプリを開かなくても、キーボード上で翻訳できます。

詳しい使い方は下記記事でご紹介していますので、ご参照ください。

Gboardの翻訳機能の使い方

キーボードのフローティング(Androidのみ)

キーボードをフローティングすると、位置や大きさを変えることが可能です。

フローティングの設定や解除の手順については、下記記事でご紹介しています。

Gboardでキーボードをフローティングする方法

音声入力

Gboardの音声入力では、句読点の入力もできます。

音声入力の使い方については、下記記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。

Gboardの音声入力について

マイクアイコンが出ない場合

マイクアイコンが出ないのは、iPhoneやiPadユーザーに多く見られるようです。

その場合の対処法については、下記記事の「iPhoneで音声入力できない場合」でご紹介しています。

音声入力の設定などを確認してみましょう。

Gboardの音声入力について